巨人・陽岱鋼 年俸3億円男が初打席 「戦力外通告シリーズ」の様相

タグ: , , 2021/9/8

 巨人・陽岱鋼外野手(34)の行く末が心配されている。

 ようやく出番が回ってきた。7日のDeNA戦、2―8と大差がついた8回二死一塁の場面で戸根の代打で打席が回ってきた陽は力のないスイングで遊ゴロに倒れた。先月28日に今季初めて一軍に登録されて以来、代走で出ることはあったが、打席に立つのは今季初めて。一軍登録当初は打線のカンフル剤かと見られていたが、結果として優勝争いを繰り広げた、ヤクルト、阪神との6連戦も出番なしに終わった。

・今すぐ読みたい→
巨人・丸は「第2の村田」となるのか、思い起こされる「神宮事件」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshihiromaru-shuichimurata/

●9/15(水)西武vs日本ハム戦 日本ハム・西武のレジェンド「西崎幸広」さんとオンライン酒飲み観戦!
●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!


 
 そういった経緯もあり、この日の初打席後にはSNS上で「巨人で最後の打席になるのでは?」「またハイネマン、梶谷来たら下に落とされるのでは?」と合流間近とされる梶谷、ハイネマンなどの外野手が来たら再びの二軍降格もありうると危惧する声も。

 今年で複数年契約の最終年を迎える陽は今季は二軍では45試合に出場し、打率2割4分、5本塁打、18打点を記録。一時は三軍にまで落とされ、ここまで一軍に呼ばれることはなかった。

 2016年オフにFAで巨人に5年15億円(金額は推定)の大型契約で移籍。当初は「打率にはこだわっている。3割バッターになりたい」と大きな目標も掲げたが、結果として、移籍後5シーズンでキャリアハイとなった19年シーズンも110試合に出場し、2割7分4厘、4本塁打、21打点と巨人の中軸を担うには至らなかった。





 その後は同じくFAで広島から移籍してきた丸など外野手の層が厚くなってきたこともあり、出場機会を減らし続け、20年はわずか38試合、契約最終年の今年はわずか4試合(7日現在)となっている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧