巨人のスガコバ完全復活!正捕手争い、小林誠司生き残った!

タグ: , , , 2021/9/2

 スガコバ復活だ。1日のヤクルト戦(京セラドーム)に先発した巨人・菅野智之投手(31)は8回を投げ1安打無失点と圧巻の投球で4月23日の広島戦以来、131日ぶりとなる今季3勝目をあげた。今季は故障を抱え前半戦だけで4度の登録抹消。野球人生の岐路に立った菅野をたくみにリードした小林誠司捕手(32)の献身ぶりが光った。


 
 この日の菅野の投球は最速151キロの直球と外角のカットボールを有効に使い、的を絞らせない。3連戦初戦で16安打と好調なヤクルト打線を丁寧に攻め、6回二死までノーヒットに抑え込んだ。好投をひきだしたのは、小林のリードが大きかった。「スガコバ」の愛称で知られたバッテリーも、小林の打撃不振が響き、菅野の復帰戦となった前回、8月26日の広島戦でバッテリーを組んだのは打撃好調な大城だった。しかし、その試合は初回に2発を浴びるなど、6回5失点で降板。

 中5日で迎えた復帰2戦目。再びバッテリーを組んだのは同級生の小林だった。

 試合序盤からベンチでもこまめに声をかけ、投球時も「低めに」「腕をふれ!」とジェスチャーとともに意思疎通を欠かさなかった。

 課題の打撃でもこの日は結果を出した。0ー0の3回一死から相手高橋の高め直球をとらえ、左越え二塁打を放った。到達した二塁ベース上では思わず両手を上に上げ、満面の笑みでベンチに向かってガッツポーズ。これが約2か月ぶりの安打となり、喜びにあふれた。その後、丸の2ランも飛び出し、価値あるヒットとなった。

・今すぐ読みたい→
巨人・小林誠司いよいよピンチ? 大城2ケタ本塁打で注目される「あの記録」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/seijikobayashi-pinch/






 試合後の菅野も女房役の小林をたたえた。「何とか今日は自分らしい投球ができた。誠司がうまく引っ張ってくれ、より楽に投げられたと思います」とキッパリ。受けた小林も「本人が色々なものを背負って苦しい思いをして取り組んでいる中でなかなかうまくいかなかったんですけど、色々な覚悟を持ってマウンドに上がっているのかなと。僕も頼もしかった」と充実の表情を浮かべた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧