巨人・小林誠司いよいよピンチ? 大城2ケタ本塁打で注目される「あの記録」

タグ: , , , 2021/8/25

 巨人の正捕手争いが激しさを増している。24日の広島戦で注目を集めたのは、プロ4年目の大城卓三捕手(28)の攻守にわたっての奮闘だ。

・今すぐ読みたい→
巨人・小林誠司に課せられた「ある使命」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/seijikobayashi-mission/



 
 1―1の4回に決勝の10号ソロを放つと、7回にも11号ソロをマーク。自身初の2打席連続本塁打でチームを勝利に導いた。自身も目標としていた、巨人の捕手としては阿部慎之助以来となる2桁本塁打を記録。守っては先発のメルセデスをテンポ良く投げさせ、7回3安打1失点で7勝目を挙げさせるなど、攻守にわたって存在感を発揮した。

 これには原監督も「大きな潜在能力を持っている。彼流の『なんくるないさ』という感じでね、野球に取り組んでいるのが、時に強さにも見えて、時に欲のなさにも見える」と独特の言い回しながら、その活躍をたたえた。チームにとっても、最近は得点力不足に悩まされているとあって、阿部以来となる「打てる捕手」の台頭は願ってもないことだろう。





 となれば気になるのは正捕手争いを繰り広げる小林の存在だ。従来から強肩とリードのたくみさは認められながらも今季も長年の課題とされる打撃の調子が上向かない。ときには原監督の直接指導なども受けながら、打撃向上に努めているが、今季はここまで31試合に出場し、25打数3安打0本塁打、打率1割2分(24日現在)と不振にあえいでいる。プロ4年目となる大城が打撃、リード双方で成長を見せる中、このままでは正捕手の座も厳しい。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧