金村義明が語る 侍J決勝戦が韓国ではなくアメリカで良かった理由とは?

タグ: , , , , , 2021/8/25

 悲願のオリンピック金メダルを獲得した侍ジャパン。歓喜の瞬間から2週間あまり。日の丸を背負い戦った選手たちは、それぞれのチームへ戻り、今度はリーグ優勝そして日本一へ向け再び走り出した。

そんな侍ジャパンの戦いについて、近鉄・中日・西武で活躍し、現在は野球解説者や野球評論家として活動する金村義明さんが元フジテレビアナウンサーで現在はスポーツアンカーとして活躍する田中大貴が様々なスポーツ選手・解説者等を迎えてトークを広げるYouTube動画「田中大貴のアスリートチャンネル」に出演し、コメント。

球界のレジェンドが語った、今大会のMVPとは一体・・・?

・今すぐ読みたい→
大谷の「規格外ぶり」はプレーだけじゃない!金村義明が試合を見て驚いた「あること」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-nonstandard/

真のMVPは〇〇!


かねてより決勝戦の相手が韓国ではなくアメリカが相手だったら金メダルを獲れると口にしていたという金村さん。その理由をこう語る。

「アメリカは、カーブに弱いんですよ。メジャーリーグで活躍する選手は出ておらず、若い選手が多かったですからね。だから、森下しかり栗林しかり、カーブに対して全くタイミングが合ってなかったですよね。
韓国の方が怖かった理由は、アメリカの選手に比べて集中力が半端じゃなかったからです。特に日本に対しては、国を背負って、死んでも打つぞという感じでしたからね。最後、カーブを打ってセカンドゴロでしたけど、あれ韓国だったらこわかったですよ」

そんな金村さんだが、決勝戦で、ある選手のあるプレーに注目していたという。





「絶対にコントロールミスをして打たれたらいけないというプレッシャーの中で、ヒットは打たれていないのにフォアボール、デットボールというアップアップだった千賀の投球。あの時の甲斐のサイン見ましたか?最後もう投げるボールがなくて真っ直ぐしかない状況なのに、なかなかサインを出さなかったんですよ。あえて焦らして焦らして、首振って、最後にストレートのサインを出してキャッチャーフライにおさめた。今回のMVPは甲斐だなと思いましたね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧