中田電撃移籍で注目 日本ハム「背番号6」の後継者は?

タグ: , , , 2021/8/24

 中田翔内野手(32)が巨人に電撃無償トレードとなったことで、日本ハム内に「背番号問題」が浮上している。中田が入団時からつけてきた「6」の後継者に注目が集まっているのだ。

・今すぐ読みたい→
中田、移籍弾で「アレルギー」払拭されるか?日本ハムファンには同情の声も https://cocokara-next.com/athlete_celeb/sympathy-for-fighters-fan/



 
 背番号というのは、選手にとって大きな意味を持つ。特に一けた背番号は一流選手の証ともいわれ、日本ハムの「6」は、中田が着ける前は、ミスター・ファイターズとして知られる田中幸雄氏が長く着けており、ファンにも親しまれてきた歴史がある。

 今回の騒動で空位となった背番号をめぐっては様々な声が聞こえてくる。

 まず後継者の最右翼と見られているのは、プロ3年目の野村佑希内野手(21)だ。「花咲徳栄高2年の夏の甲子園は4番・一塁で出場、2ホーマー、打率5割超と爆発的な打力で一気に注目を集めました。ここまで度重なる故障に悩まされてきましたが、体さえ大丈夫なら3割30本はいけると言われる逸材です」(放送関係者)。

 野村は中田が電撃移籍会見を行った20日の楽天戦でもプロ初の2本塁打をマークし、ファンを喜ばせた。田中氏、中田にも通じる右の強打者という共通点もある。





 さらに、今季は中田離脱後の一塁を守る、プロ7年目の高浜祐仁内野手(25)にも注目だ。高浜は14年にドラフト7位で横浜高から入団しながら、結果を残せず、19年に戦力外通告を受けた。その後、育成契約を結び、翌20年にイースタン・リーグで一時首位打者と打ちまくり、再び支配下登録を勝ち取った経緯がある。今季はここまで52試合に出場し、2割7分6厘、6本塁打、20打点(23日現在)の成績を残している。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧