史上初の日米での「ノーノー」達成を逃したマエケン 過去にメジャーで達成した日本人投手は?

タグ: , , 2020/8/20

 
 マエケンがあとアウト3つのところで快挙を逃した。ツインズの前田健太投手が18日のブルワーズ戦に先発。9回先頭打者に初安打を許すまで、1本の安打も打たれないノーヒット投球で、史上初となる日米でのノーヒットノーラン達成を予感させた。






・今すぐ読みたい→
元巨人・斎藤雅樹さん「当時、MLBからオファーがあったら?」の問いに…?伝説の決戦「10.8」登板の真実とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/masakisaito-serialization-03/



 9回先頭のソガードに低めのチェンジアップを拾われ、中前へ落とされると、さすがに苦笑いを浮かべた前田。これでお役御免となり降板すると、救援陣が打ち込まれ3点リードをふいにし、前田の今季4勝目はお預けとなった。それでも全米を熱狂させた好投が色あせるわけではない。

 日本人メジャーリーガーのノーヒットノーラン達成は過去3度。栄光の歴史を振り返ってみたい。

 記念すべき第1回目は、やはり日本人メジャーリーガーのパイオニアともいえる存在の野茂英雄が成し遂げた。メジャー2年目、ドジャース時代の1996年9月17日のロッキーズ戦。敵地クアーズ・フィールドは標高約1600mの高地にあり、打球がよく飛ぶことで知られている。典型的な打者有利の「バッターズパーク」で、最も「ノー・ノー」が困難とされる難所を攻略したことも多くのファンを驚かせた。

 当時のロッキーズはリーグ屈指の強打線。3番バークスは打率・344、40本塁打、128打点で142得点はリーグ最多。4番ビシェットは前年に40本塁打、128打点で2冠王となっており、この年も打率・313、31本塁打、141打点。5番のガララーガはこの年47本塁打、150打点で2冠王に輝いている。6番カスティーヤも打率・304、40本塁打、113打点と中軸の破壊力はすさまじかった。その強打線相手に、ビシェットは3打数3三振に斬るなど、自慢のフォークが冴え渡った。

 2度目も再び野茂英雄だった。レッドソックス時代の2001年4月4日、敵地でのオリオールズ戦。レッドソックス移籍後初登板となるマウンドで、これまで対戦の少ないア・リーグ東地区の打者たちを封じ込め、11三振を奪ってみせた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧