また五輪の前に・・・バドミントン・桃田賢斗に訪れた不運すぎる「魔の30分」

タグ: , , , 2020/1/14

 また五輪の前に…。

 20年東京五輪バドミントン男子シングルスで金メダル最有力候補の桃田賢斗(25)が13日、遠征先のクアラルンプールで交通死亡事故に巻き込まれた。事故は午前5時ごろ発生。マレーシアバドミントン協会が用意した送迎用のワゴン車に桃田ら5人が乗り、宿泊先のホテルから空港に向かう途中の高速道路で、前方の30トン大型トラックに衝突。車の前方部は完全につぶれ、運転手は死亡した。

・今すぐ読みたい→
IOCバッハ会長、バドミントン日本勢を評価「日本の女子ダブルスが素晴らしい戦いを見せ…」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/badminton-japanese-womens-doubles-had-a-great-game/)

不運すぎる「魔の30分」


 2列目に座っていた桃田は顔面から流血。日本バドミントン協会の発表によると、全身打撲で、あご、眉間、唇の裂傷を負った。命に別条はなく、自力での歩行も可能で、意識ははっきりしているが、顔の傷が痛々しい桃田が病院のベッドで横たわる写真が、ニュースなどで公開された。

 世界ランキング1位の桃田は前日12日にマレーシア・マスターズで優勝。五輪イヤーに幸先いいスタートを切ったばかりだった。当初は次戦インドネシア・オープンへ移動するはずだったが、下肢の炎症で帰国するため、日本選手団本隊から約30分早く移動してアクシデントに見舞われた。不運すぎる「魔の30分」だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧