IOCバッハ会長、バドミントン日本勢を評価「日本の女子ダブルスが素晴らしい戦いを見せ…」

タグ: , 2019/8/29

 東京五輪まで1年を切り、前哨戦となる世界大会がさまざまな競技で開催されている。自国開催に向け、好調をキープするのがバドミントンだ。スイスで25日まで行われた世界選手権で、日本勢は金2個、銀3個、銅1個と史上初の全種目でメダルを獲得。メダル6個は国・地域別で単独トップと、強化策の成果がはっきりと出ている。

 金メダルは男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、女子ダブルスの「ナガマツ」こと松本麻佑/永原和可那(北都銀行)がともに連覇で優勝を決めた。

桃田が圧倒的な強さ、苦い過去を乗り越え強くなった


 世界ランキング1位の桃田は全試合ストレート勝ちと圧倒的な強さを見せた。相手に研究されてもその上をいく多彩なショットを連発。決勝でも2ゲームを通してわずか12失点という盤石ぶりで「こんなにスムーズに優勝できるとは思っていなかった。たくさんの人のおかげで頑張ることができた。五輪に照準を合わせるのではなく、一戦一戦、応援してくれる人のために全力で戦う」と振り返った。

 苦い過去がある。金候補だった16年リオデジャネイロ五輪は、大会前に違法カジノ店でギャンブルをしていたことが発覚。無期限出場停止となり、五輪に出場することすらできなかった。復帰後は精神面でも成長し、スキを見せない。雪辱の思いは強く、エースとして日本チームを引っ張る存在になりつつある。

・合わせて読みたい→
世界一ハイレベルなバド日本選手権の裏で「女子ダブルス裁判」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/womens-badminton-doubles-trial/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧