日ハム・清宮 5試合連続打点 いよいよ本格覚醒か 敵将も認める「あのポイント」とは

タグ: , , 2022/7/11

 大暴れなるか。日本ハムは10日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)に2ー0と勝利。首位ソフトバンクに3タテを食らわせ、連勝は今季最長タイの「4」まで伸ばした。最下位チームの本格逆襲となるか、注目されている。

【関連記事】巨人・岡本和 求められる「4番の器」 不振続くようだと「聖域」はく奪も





 首位ソフトバンクに3タテ。リーグ戦再開後は波に乗れていない時期も長かったが、ここにきての快進撃に新庄監督は手ごたえを感じているという。

「うちの選手は間違いなく変わってきてますよ。なんかね、目の色が変わって、気持ちが前に出ている。すごいそれが伝わる。で、この結果につながった」と力強く語った。

 中心選手の一人が、チームのロマン砲、清宮だ。「5番・一塁」で先発出場。この日は6回一死一、三塁から右翼線に適時二塁打を放ち、5試合連続打点をマーク。前日9日の試合では11号ソロを放つなど、5戦3発とここに来て勢いをつけてきている。

 特に9日、ソフトバンク・武田から放った豪快なアーチには指揮官も目を細めた。

 新庄監督は「清宮君のあのホームラン。『すごっ!』って言ったもん。あの低さで2ストライク追い込まれてからのあの弾道で、あの方向。バックスクリーン右に。いやあ、びっくりしたね。あれが1回でも打てたってことは、その能力があるから打てるわけであって。今まで見た日本人の打者のホームランの中で一番じゃないかな。すごかった。びっくり」と絶賛の嵐だった。

 これまで7本だった自己最多を更新し、本塁打を量産し始めた清宮に敵チームも警戒を強める。

 対戦したソフトバンク・藤本監督も9日の試合後には対日本ハムにここまで本塁打を18本打たれていることに触れ、「打たれすぎ」とバッテリーに反省を求めた上で、清宮に関して言及。「(ホームラン)テラスがあるといえども、ホームラン打てる、打てないという選手がいる。清宮なんかはまさしくホームランバッター」と才能を認めるコメントもあった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧