初陣が迫る栗山ジャパン チームの顔となりそうなのは弱冠20歳のあの剛腕

タグ: , , 2022/2/9

 侍ジャパンの栗山英樹監督が12球団のキャンプ視察を8日に終えた。宮崎から沖縄まで、昨年12月に就任した指揮官は「まずは挨拶回りからです」と全球団へ足を運び、日本代表チームへの協力を呼び掛けた。

・今すぐ読みたい→
巨人・丸を「がけっぷち要員」に追い込む「あの刺客」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshihiromaru-stand-on-the-edge-02/



 最大の目標は来年3月の開催が予定されているワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、開催自体が確定しているわけではないが、主催者であるMLBや、大きく協力する立場であるNPBも、何とか実現させようと開催を目指している。

 そのための大事な最初の一歩が3月5、6日に行う台湾代表との強化試合(東京ドーム)。栗山ジャパンの初陣となる。栗山監督は「若手中心にいろんなことを考えていきます。来年3月に勝つというテーマと、もう一つ野球界の発展に何ができるのか」と話す。来年のWBCへ向けた強化と同時に、主に若手を対象に代表戦という機会を触媒として成長を促したいという思いもあるという。

 では台湾戦の代表28選手の選考はどうなりそうなのか。現時点での情報を元に考察してみる。

 投手陣の柱としてだけでなく、チームの顔としても選出が有力となっているのがロッテの佐々木朗希投手だ。7日には栗山監督が石垣島に飛び、本球場のマウンドで力強い球を投げ込む20歳の勇姿を見届けた。また侍ジャパンの投手コーチは、昨年までロッテの投手コーチとして佐々木を育成教育してきた吉井理人氏。今季はロッテのピッチングコーディネーターを務めている。2月上旬の時点で佐々木は157kmをマークするなど、早い仕上がりをみせている。1年目は2軍で体づくりに充て、昨季は登板間隔を大きく空けながら大事に育まれてきた原石。今季はチームの開幕投手候補にも挙がるが、まずは侍ジャパンの先陣を切る形で勝負の年を迎えそうだ。





 若手投手で右のエースが佐々木なら、左のエースには楽天の早川隆久の名前が挙がっている。昨季は24試合に投げて、9勝7敗。中盤以降はスタミナ切れした感があったが、前半戦は安定した投球で連勝街道を歩んだ。高校、大学と年代別カテゴリーで日の丸を背負い続けてきたエリート。待望の侍ジャパン・トップチームデビューとなる。オリックス・宮城大弥も選出されれば初のトップチームだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧