堀口恭司が少年時代に見た「皇帝・ヒョードル」、その魅力とは?

タグ: , , , , , 2019/12/27

 大晦日恒例の格闘技イベント「RIZIN」が今年も開催されるのにプラスして、アメリカの総合格闘技団体「BELLATOR」による日本大会も12月29日に開催される。

「皇帝・ヒョードル」の日本ラストマッチ


 世界的人気MMA団体による日本初上陸大会ということで、格闘技ファンから関心を集める同大会。最強ファイターたちが日本に集結する中で特に話題騒然となっているのが、日本格闘技ブームの一時代を築いた「皇帝・ヒョードル」の日本ラストマッチだ。

(エメリヤーエンコ・)ヒョードルはかつて、総合格闘技イベント「PRIDE」の王者として君臨。あれから約10年の時が経ち、現在43歳のヒョードルは引退を決意。BELLATORと締結した3試合のうち1試合を日本で開催し、それが日本でのラストマッチとなる。

そんな時代を築いた「皇帝・ヒョードル」について、PRIDEやK-1の影響を受けて空手から総合格闘技に転向した、RIZIN&BELLATOR元王者の堀口恭司選手が思い出を語った。

・今すぐ読みたい→
「皇帝ヒョードル」日本ラストファイトをRIZIN CEO榊原氏が語る、PRIDE時代の思い出(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/nobuyukisakakibara-interview-01/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【受注生産】堀口恭司チャンピオン復帰記念 メタルフォトフレーム

RIZIN.26で朝倉海選手に見事に勝利し、RIZINバンタム級チャンピオンに返り咲いた 堀口恭司選手のメモリアル限定デザインのメタルフォトフレームを販売いたします。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧