堀口恭司と青木真也が対談、お互いが選ぶ「ベスト死闘」とは?

タグ: , , , , 2020/7/8

 総合格闘技・青木真也と堀口恭司がAbemaTV企画で対談を行い、その後さらに「延長」して行われた対談の模様が堀口のYouTubeチャンネルで公開された。

対談内では、お互いのこれまでの死闘について、そして戦う上での本音も語られた。

・今すぐ読みたい→
無敗の男・那須川天心に堀口恭司「彼が負けるとするならば・・・」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-57/

ずっと殴られ続けるってこんなに辛いんだな


青木「僕、実は死闘が無くて、それが軽いコンプレックスなんですよね。僕の試合って、思いっきりやられるか思いっきりとるかのどっちかなんですよ。ダウンしてやられ続けても勝つとか、あまりないんですよね。」

と、これまで死闘経験がないことが自身のコンプレックスだと明かした青木。

青木「強いていうなら、印象に残っている試合は、ギルバート・メレンデスと試合した際に、5分5ラウンド殴られ続けたことですかね。あれは辛かった。ずっと殴られ続けるタックルされ続けるってこんなに辛いんだなと思いました。」

堀口「その時記憶は飛ばなかったんですか?」

青木「記憶は飛ばしてくれないんですよ・・・。タックルを斬りながら殴るので、表面的な痛さと精神的な痛みばかりで、地獄のような時間を過ごしましたね。」

と、「死闘」ならぬ「苦闘」の経験を振り返った。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧