ルイス・ハミルトンがF1歴代単独最多の通算92勝目をマーク 未だシューマッハーが優位に立つとされるポイントとは?

タグ: , , , 2020/10/30

 25日に行われたF1第12戦ポルトガルGPでメルセデスのルイス・ハミルトン(35)がポールポジションから優勝。通算92勝目とし、最多勝記録で並んでいたミハエル・シューマッハー(ドイツ)を抜いて単独最多となった。最多勝記録が更新されるのはシューマッハーが最後に優勝した2006年の中国GP以来、14年ぶりだ。

・今すぐ読みたい→
F1業界に激震 ホンダがF1からの撤退を決めた理由とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/honda-withdraw-from-f1/

F1では単独最多の通算92勝目をマークしたハミルトン(メルセデス提供)


 シューマッハーは308戦にエントリーして91勝。勝率は2割9分5厘だ。対してハミルトンはポルトガルGP終了時点で262戦して92勝。勝率は3割5分1厘と高率を誇っている。ちなみに音速の貴公子と呼ばれたアイルトン・セナは162戦にエントリーして41勝で、勝率2割5分3厘と2人よりも率は低い。

 シューマッハーとハミルトンのどちらの実力が高いのか。最多勝記録がクローズアップされてから常に議論されている。現行のパワーユニットが導入されてからはメルセデス1強の時代が続いており、ハミルトンの勝ちが増えて当然という意見もある一方で、レッドブルがルノーとのコンビで4連覇をしていた時代にこつこつと勝利を重ねていたことを評価する声もあり、見解はさまざまだ。

 2人は16歳も年齢が離れているものの、現役時代に一緒にF1レースを戦ったことがある。シューマッハーが引退を撤回してメルセデスから現役に返り咲いた2010~12年だ。ハミルトンはその間にマクラーレンに在籍して10勝。シューマッハーの方は12年ヨーロッパGP(独ニュルブルクリンク)の3位が最高位だった。





 F1にタイヤメーカーとして参戦したブリヂストンで開発責任者を務めた浜島裕英氏は2人のことをよく知っているが、「比較するのは非常に難しい。マイケル(シューマッハー)もタイヤの使い方が秀でているといわれるが、ハミルトンも負けていない。特にフロントタイヤの使い方は本当にうまい」と指摘した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧