パ・リーグ連覇の西武ライオンズの契約更改に注目!生え抜きのレギュラー内野手全員が1億円越えプレイヤーに!

タグ: , , 2019/12/11

 2018年シーズンの優勝に続き、2年連続でパシフィックリーグ優勝を達成した埼玉西武ライオンズ。2019年シーズン、主に内野のレギュラーで活躍した野手は、全員生え抜きの日本人選手だ。オフシーズンの契約更改に注目が集まっていたが、結果は見事に年俸がぐっと上がり、レギュラー内野手全員1億円越えプレイヤーに。

西武ライオンズは、ここ最近打ち勝つイメージがある球団である。それぞれが守備でも攻撃でもしっかりと役割を果たし、優勝した結果が今回の大幅アップに繋がったのだろう。契約更改時の写真も、納得した笑顔で撮影されている選手が多いのが印象的だった。ファンからは「主力選手の契約更改終わったけれど、みんないい笑顔で幸せ」といった声もあがっている。

・今すぐ読みたい→
プロ野球選手の年俸はどうやって「推定」されるのか(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/annual-salary-of-a-professional-baseball-player/)

負担の多いポジションをこなしながら打撃も貢献


特に注目したいのは、捕手で主にクリーンナップを任されていた森友哉である。なんと8000万から1億2,000万アップの2億で契約更改がされたのだ。森友哉は扇の要として今シーズンほとんどの試合でマスクをかぶり続けた。同じ捕手として背中を追い続けてきたベテランの炭谷銀仁朗は、FAでジャイアンツに移籍。同じく捕手の岡田雅利は、シーズン途中に怪我で離脱してしまっている。

配球で悩んでいても、悩む暇もなく次の試合は訪れる。精神的にも肉体的にもつらいシーズンだっただろう。負担の多い捕手というポジションだが、打撃では文句なしの成績を残している。首位打者を獲得し、得点圏打率も411と勝負強い打撃が魅力だ。森友哉の負担や活躍ぶりを考慮すれば、1億2,000万アップは誰もが納得のいく金額だろう。「森に2億出してくれた球団に感謝」との声もネットにあがっている。

獅子が誇る最強の二遊間コンビ

二遊間の素晴らしいコンビで観客を魅了させる守備を見せてきた源田壮亮と外崎修汰は、同じく1億4,000万でサインをしている。源田は6,000万アップ、外崎は7,000万アップと一気に年俸が上がった。2019年シーズンの先発ピッチャーの柱としてカード頭を任されていたザック・ニール投手は、ヒーローインタビューなどで、二人の守備に感謝する旨のメッセージを頻繁に発信しているほどだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧