楽天打線に「マー君恐怖症?」田中に援護なく2ケタ勝利絶望

タグ: , , 2021/9/28

 もう見慣れた光景となってしまった。

 パ・リーグ3位の楽天は26日、先発の田中将大投手(32)が7回4安打1失点と好投したものの、2位オリックスと1-1で引き分け、差を縮めることができなかった。打線は今回も機能せず、9回になんとか1点を返して田中の黒星を消すのがやっとだった。

・今すぐ読みたい→
楽天・田中将大にかつての恩師が指摘「大人のピッチングになったといえばいいが・・・」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hidekihashigami-talks-about-masahirotanaka/



 
 26日時点で田中は4勝6敗。チームは残り22試合で、中6日ペースだとあと4試合に登板可能だが、全勝しても2ケタには届かない。プロ野球史上最高年俸9億円(金額は推定)投手の成績としては、明らかに物足りない。7月13日ソフトバンク戦を最後に6試合連続で白星がなく、混戦の優勝争いで楽天が浮上できない一因となっている。

 田中の防御率「2.98」はリーグ4位でチームトップ。だが得点援護率(投手が登板中に味方打線が挙げた得点を1試合換算で表した指標)が少ない。援護率「2.48」は規定投球回数到達者ではリーグワーストで、数字的にも飛び抜けて低い(援護率トップはオリックス宮城の「4.47」)。





 楽天打線自体の問題でもない。田中より防御率で劣る則本は援護率「3.92」で10勝。岸は援護率「4.26」で7勝をマーク。田中は先発陣でもっとも安定して試合を作るにもかかわらず、打線の援護不足に泣かされる試合が続いている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧