斉藤雅樹さんが語る、楽天が交流戦前首位ターンできた理由「岸、則本を欠いたけれど…」

タグ: , , , 2019/6/7

 ジャイアンツのエースとして、在籍19年で6度のリーグ制覇・3度の日本一に大きく貢献した「平成の大エース」斉藤雅樹さん。2019年シーズンは解説者として、さまざまなチームを見ている斉藤さんに、岸、則本の2枚エースを欠く中で交流戦前1位につけた楽天の強さの理由を伺いました。

楽天・エース不在の危機的状況。救うは好調の打撃陣


―岸、則本が怪我で離脱していましたが、その中でもチームが好調な理由をお聞かせください。

斉藤:2019年は打つ方が良いと思いますね。シーズン最初、平石監督から『バッターと中継ぎ以降の投手には自信を持っている』と聞いていました。それがうまく機能して、今の成績に繋がっていると思いますね。3番浅村、4番 島内、5番 ウィーラーも凄く良い。今、7番を打っているブラッシュ。最初はどれぐらいやるかな…?と思っていましたけど、沖縄キャンプで、巨人・菅野からホームランを打って、『えっ??』ってなりましたね。菅野が初戦だったとは言え、しっかり捉えて一発を打ったので、これは面白いなと。すでに、ホームラン11本打ってますね。

―今、ウィーラーは、副キャプテンをつとめています。

斉藤:器用なんだと思いますね。勉強家でいろいろな人のアドバイスも素直に聞けるんじゃないかな。日本の野球に適応している印象もあって、ここっていう時には、コンパクトにも打てるし、ムードメーカーなところもあって、チームの信頼も得ていると思いますね。

・合わせて読みたい→
元巨人・斉藤雅樹さん「当時、MLBからオファーがあったら?」の問いに…?伝説の決戦「10.8」登板の真実とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/masakisaito-serialization-03/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧