「和製フアン・ソトだ」元オリックス大物助っ人が吉田正尚の活躍に太鼓判!現地メディアは過去のエピソードも紹介

タグ: , , , 2022/12/28

(C)Getty Images

 オリックスからポスティングシステムでMLBのレッドソックス入りを果たした吉田正尚。球団との間で交わされた、日本人史上最高額となる5年総額9000万ドル(約126億円)という契約内容は、日米の球界関係者やファンの間で大きな話題となった。

 日本では高い実績を残したものの、メジャーの舞台でそのスキルを発揮出来るのか懸念する声が、巨額契約に対する反響となったことは言うまでもない。

【関連記事】日ハム・清宮幸太郎 相手指揮官からも批判を浴びた「新たな悪癖」とは【2022回顧録】






 だが、米メディア『The Boston Globe』は、メジャー大物OBの声などを交えながら、レッドソックス入りとなった日本人スラッガーの実力がその金額に見合うものであると、特集記事の中で見解を示している。

 今回のトピックではかつて、オリックスで吉田とともにプレーしたアダム・ジョーンズの声も掲載し、チームメイト時代のエピソードなども綴られている。ジョーンズは吉田を「和製フアン・ソト」と評しており、さらに「自分はフアンの若い頃のプレーを見ることが出来た。(バッティングで)ヨシダも同じことをしている」と述べたとした。

 さらに同メディアは「レッドソックスも、ヨシダには何か特別なものがあるというジョーンズの意見に同意しており、5年9000万ドルの契約はその証拠である」と主張。その上で「ポスティング・フィーを含めて総額1億540万ドルになるこの契約が結ばれたが、ライバルの経営者やリーグ周辺の球団は同じようにヨシダを評価せず、払い過ぎとの声も挙がった」と指摘しながらも、「ジョーンズは、元チームメイトはその額をもらうに値すると信じている」として期待の高さをうかがわせた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧