「思っていた中の1ぐらいしか働かなかった」巨人・原監督が「戦犯」に名指しした「選手の名前」【2022回顧録】

タグ: , , , 2022/12/28

(C)Getty Images

 2022年にスポーツ界で起こった印象的な出来事を『CoCoKARAnext』のヒット記事で振り返るこの企画。今回は5年ぶりにBクラスに沈んだ巨人のトピックを取り上げる。シーズン終了後、低迷の理由を振り返った原監督は、ショッキングな言葉を並べた。記事初掲載:2022年11月13日

   ◆   ◆   ◆

 今季4位と5年ぶりのBクラスに沈んだ巨人ではいくつもの「誤算」が重なったシーズンだったともいえる。

 その一つは外国人投手陣についても同様だ。この点について原監督はこう言及している。

【関連記事】「もう遠慮している場合じゃない」巨人・原監督が坂本、丸超えを厳命した「選手の名前」【2022回顧録】






 大の巨人党で知られるキャスターの徳光和夫氏のYouTubebチャンネル「徳光和夫の人生ジャイアンツ 日テレジータス公式」で11日までに更新された動画内で原監督は徳光氏から今季低迷した投手陣について尋ねられると、「外国人(投手)に関しては思っていた中の1ぐらいしか働かなかった」と嘆く場面も。

 続けて「ビエイラ、デラロサも出遅れた。投げ込みが不足だった」と昨季に「絶対守護神」としてチームを支えたビエイラ、またセットアッパーとしてチームを支えてきたデラロサが見込み違いだったと続けた。

 昨年は32試合連続無失点記録を樹立、8月13日の中日戦ではNPB史上最速となる166キロを計測し、クローザーとして活躍したビエイラも今年は9試合に登板して0勝2敗、防御率9・82と期待を裏切った。

 さらに近年はセットアッパーとして貢献していたデラロサも今季は2度の登録抹消を経験するなど浮き沈みの激しいシーズンとなった。

 この2人に加え、今季は左腕の中川もコンディション不良で一軍登板はなし。昨季の「勝利の方程式」が3人そろって、チームにいなかったこともブルペンの苦しさを招いたとされる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧