「もう遠慮している場合じゃない」巨人・原監督が坂本、丸超えを厳命した「選手の名前」【2022回顧録】

タグ: , , , , , 2022/12/27

(C)Getty Images

 2022年にスポーツ界で起こった印象的な出来事を『CoCoKARAnext』のヒット記事で振り返るこの企画。今回は、Bクラスに沈んだ巨人原監督の発言だ。来季の復活に向けて動く同監督は、徳光和夫氏の取材に応じ、危機感・期待感を包み隠さず語った。記事初掲載:2022年11月12日

  ◆   ◆   ◆

 今季4位と5年ぶりのBクラスに沈んだ巨人・原辰徳監督が精力的に動いている。

 宮崎の秋季キャンプでは期待の若手、秋広優人に歌を歌いながらの打撃「アカペラ打撃」を推奨、ブルペンでは課題の投手陣に実技指導を行うなど、活発に動いている。

【関連記事】「オオタニはもう十分」の“クレーム”から一夜、大谷翔平の101号本塁打に「彼女は今、空に向かってパンチしているだろう」と現地記者が皮肉【2022回顧録】






 背景にあるのはチームへの危機感だ。今季はリーグワーストの防御率、打率と投打ともに課題が山積みとあって、監督自らが前面に立って動かざるをえないというのだ。

 そんな指揮官の「本音」が漏れたのは、大の巨人党で知られるキャスターの徳光和夫氏のYouTubebチャンネル「徳光和夫の人生ジャイアンツ 日テレジータス公式」に出演したときのワンシーンにもあった。11月11日までに更新された動画内で原監督は、4位に終わった2022シーズンの敗因を振り返ると共に、伸び悩む若手、中堅陣に対して「勇人(坂本)を抜くような選手が出てこないとチーム力は上がらない」とキッパリ。続けて「もう遠慮している場合じゃない」と尻を叩いた。

 キャプテン・坂本も今季は開幕前を含めると3度の故障離脱と不本意なシーズンとなった。レギュラー定着後、最少となる83試合出場でV逸の要因にもなった。「優勝請負人」として広島から移籍した丸佳浩にしても来季は34歳シーズンを迎える。この不動のレギュラー2人を追い抜かすようなイキのある選手が出てこないことにはチーム浮上もないと見ている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧