原巨人の失態、「あのコーチを手放したのは痛かった」OBからも批判集める理由【2022回顧録】

タグ: , , , , 2022/12/24

(C)Getty Images

 2022年にスポーツ界で起こった印象的な出来事を『CoCoKARAnext』のヒット記事で振り返るこの企画。Aクラス入りを逃した巨人の不振も、今年を象徴する出来事のひとつだろう。球界OBからも厳しい声が飛んだが、なかでも興味深かったのが「あるコーチ」の存在だった。記事初掲載:2022年10月12日

  ◆   ◆   ◆

 2022年シーズン、Aクラス入りを逃した巨人。原辰徳監督の元、来季の巻き返しを図るべく、秋季練習で汗を流している。

 巨人は今季、一軍コーチングスタッフを大きく入れ替えてシーズンを迎えたものの、夏場以降、浮上の兆しが見えないまま最終盤で阪神に競り負け、クライマックスシリーズ進出を逃した。

【関連記事】オリックスに移籍した「森つぶし」を明言した 「西武戦士の名前」






 低迷が続いた今季を振り返るにあたり、球界OBの間では巨人に昨年まで在籍していたあるコーチの存在がクローズアップされている。

「琢朗さんは行くところ行くところで結果を出している」

 そう語るのは、巨人やメジャーリーグのレッドソックスなどで活躍した上原浩治氏。自身のYouTubeチャンネルの中で、今季からDeNAに加入した石井琢朗コーチの指導力を高く評価するコメントを並べている。

 動画では、ヤクルトOBの宮本慎也氏も石井コーチの手腕に言及。同氏は「(石井コーチは)基本的に情熱があります。選手にはたくさんバットも振らせるが、アイデアマンでもあり、練習で選手を飽きさせない」と称えた。

 上原氏も、石井コーチがヤクルトで指導していた時期があったことに触れ「その時のコーチが良かったから」と、連覇を果たしたチームの現状に繋がっていると指摘した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧