敵地で異例のブーイング!満塁チャンスで大谷翔平に代打送られ「文字通り球場から人が出ていった」【2022回顧録】

タグ: , , , 2022/12/23

(C)Getty Images

 2022年にスポーツ界で起こった印象的な出来事を『CoCoKARAnext』のヒット記事で振り返るこの企画。今回は、大谷翔平が経験した「意外」なブーイングにスポットを当てる。敵地で迎えた1死満塁のチャンス、この場面で大谷に代打が送られると、敵地にも関わらず大きなブーイングが起きたのだ。記事初掲載:2022年8月10日

  ◆   ◆   ◆

 エンゼルスの大谷翔平は現地8月9日(日本時間10日)、敵地でのアスレチックス戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。打っては4打数2安打1本塁打、投げては6回4安打無失点5奪三振でキャリアハイの10勝を挙げ、1918年のベーブ・ルース以来、104年ぶりの2桁勝利&2桁本塁打を達成した。さらに、大谷は日米通算1000奪三振を記録し、MLB通算118号アーチでイチロー超えも果たした。

【関連記事】「解雇通知をくれてやれ!」大谷翔平への疑惑の判定に地元メディアも大ブーイング!「審判たちは大谷を嫌っている」【2022回顧録】





 記録尽くめの試合で、意外な”盛り上がり”を見せたのが、8回エンゼルスの攻撃シーンだった。1死満塁のチャンスで迎えた大谷の打席で代打が送られると、この選手起用に球場のファンが猛反発。敵地にもかかわらず、スタジアムを揺るがすようなブーイングが起きたのだ。この異例の事態に、アスレチックスのレポーターを務めるマルティン・ガジェゴス氏は「オオタニに代打が送られ、文字通り球場から人が出ていった」とスタジアムの様子を伝えている。

 野球の神様に並ぶ偉業を達成した大谷の打席は、敵ファンといえども見たかったのだろう。あらゆるものを魅了する二刀流の注目度は、今後ますます高まっていきそうだ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】巨人移籍のオコエ瑠偉、新天地での「師弟関係」に球界OBが言及「食らいついてでも付いて行った方が良い」

【関連記事】原巨人 新「勝利の方程式」確立へ キューバの剛腕獲得で追い込まれる「選手の名前」

【関連記事】立浪中日 驚愕の第3弾トレードの「現実味」 ささやかれる「選手の名前」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧