アスリート、モンスター、バケモノが跋扈する世界最高峰の総合格闘技『UFC230』の見どころとは!?

タグ: , , 2018/11/1

 人気・実力・選手層の厚さで、世界の総合格闘技界の頂点に君臨する「UFC-究極格闘技-」 。 WOWOWで2002年から2016年まで14年間にわたり放送してきたが、11月4日(日)に開催される「UFC230」から2年半ぶりのレギュラー復活放送となる。テレビでリアルタイムに楽しむことができるとあって、日本の格闘技ファンにとって、朗報だ。

今回は、日本人UFCファイターの先駆けであり、現役総合格闘家であるWOWOW解説者の髙阪剛に、あらためて現在のUFCの魅力と、間近に迫った『UFC230』の見どころを語ってもらった。

(c)GettyImages

・合わせて読みたい→
地球上で最強のアスリート 井上尚弥(https://cocokara-next.com/feature_archive/naoyainoue-feature/)

UFCはこの2年半でさらに進化した


——WOWOWでUFCの放送が2年半ぶりに復活しましたけど、これは格闘技ファンにとって、本当に朗報ですよね。
髙阪:そうですね。総合格闘技の最前線であるUFCで、今起こっていることをテレビでリアルタイムに観られるというのは、すごく大きなことだと思います。WOWOWの放送がなかったこの2年半、UFC自体にも、もちろんいろんな変化があったわけですけど、総合格闘技の強さを最大限に突き詰めていくという、選手たちのその姿勢は変わらないので。常に技術革新が行われ、レベルが上がり続けている状況ですからね。

——MMA(総合格闘技)というのは、1993年にUFCがスタートしたときから事実上始まった比較的新しいスポーツですから、いまだ競技自体が成長過程にあるわけですもんね。
髙阪:その最先端であり、てっぺんがUFCなので。世界中の才能ある格闘家が集まり、そこで世界のトップたちがしのぎを削ることで、さらに進化するという動きが起こっていますよね。これは、UFCやMMAという競技の「土台」を作っていった先人たちの功績が、ものすごく大きいと思うんですよ。要は、あの人たちがいなければ、いまの技術の発展はなかったわけで。UFCがホール・オブ・フェーム(※)、殿堂というものを作ったのも、そういう意識の表れじゃないかなと思いますね。

(※)UFC殿堂(UFC Hall of Fame)とは、総合格闘技において大きな功績を残した選手、および総合格闘技の発展に著しく寄与した関係者に贈られる称号で、UFC創立10周年の2003年から設立されたもの。第1回UFC優勝者のホイス・グレイシーや、ケン・シャムロック、ダン・スバーン、ランディ・クートゥアら初期の名選手、さらにアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラや桜庭和志ら、日本のPRIDEで活躍した選手たちも殿堂入りを果たしている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧