「甲子園で最も嫌われた男」がU18日本代表監督に、「後悔するぐらいなら、最初からやっていません」

タグ: , , 2020/2/27

  追い込まれた日本高野連が「甲子園でもっとも嫌われた男」に救いの手を求めた。

 U18日本代表監督に明徳義塾の馬淵史郎監督(64)が選ばれ、驚きの声が広がっている。馬淵監督は02年夏に全国制覇するなど歴代4位の甲子園通算51勝。出場予定の今センバツを含め、春夏34度の甲子園に導いている。


 だが同監督で真っ先に思い浮かぶのは「ゴジラ松井5敬遠」だろう。92年大会の星稜(石川)戦で松井秀喜への5打席連続敬遠を指示。甲子園を埋めた高校野球ファンからの「帰れ」コールなど大ブーイングを受けた。試合後も采配批判にさらされ、日本中の〝悪役〟となる騒動になった。後日談として、当時の心境を明かしている。

 「後悔するぐらいなら、最初からやっていません。あんな作戦を取って負けていたら監督を辞めていたでしょうが、勝ったわけやからね。今でも間違った作戦だったとは思っていない。高校球児の中に1人だけプロがいるようなものだった。松井くんと勝負して抑えられるとしたら、内角高め。だけど胸元だけを攻めて、死球を当ててケガでもさせてしまった方がよっぽど汚い野球だと思う。ただ、選手は監督の作戦に従っただけ。子供たちへのバッシングはかわいそうだった。子供たちには申し訳ないことをした」

 「あれ以前も、あれ以降も、松井くんほどの大打者と出会っていない。甲子園で勝つための練習をやってきて、負けるための作戦を立てる監督なんておらんでしょ?
そもそも野球のルールを犯したわけやない。僅少差の展開では、たとえ2死であっても歩かせるリスクは大きい。敬遠は逃げじゃない。人を敬うからこそ敬遠なわけです」

 プロを見ても、明徳義塾に目立ったスター選手はいない。突出した個の力がなくとも、指揮官の采配によって勝利をたぐり寄せる。限られたコマを操り、戦略を練り、蓄積した経験と情熱で勝機を見いだすことにたけた名将は、甲子園20大会連続初戦勝利という記録を持つ。

・今すぐ読みたい→
なぜ俺じゃないんだ!?ノムさんが未練タラタラだった「日本代表監督」の座 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/katsuyanomura-japan-national-coach/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧