中国メディアが「酷い」と憤怒したなでしこジャパンの“凡戦”に海外記者も嘆き「恥をさらす価値があるのか?」

タグ: , , 2023/10/31

クレバーなサッカーを展開した日本。しかし、彼女たちの“リアリスティックな戦い”は批判の的となった。(C)Getty Images

 なでしこジャパンの見せた消極的な戦いぶりに対する反響が続いている。

 現地10月29日に行われたパリ五輪アジア2次予選の2戦目で、ウズベキスタンと対戦した日本は2-0で勝利。最終予選進出へ大きく前進した。

【関連記事】「サッカーを汚している」パス回しに徹したなでしこジャパンの戦いに中国メディアが猛烈批判!「中国は日本の暗黙の了解の犠牲に」





 10分に南萌華が先制点を挙げ、15分に千葉玲海菜が追加点をゲットした日本。開始早々に主導権を握った彼女たちだったが、その後は味方同士でパス回しを続ける消極的なサッカーを展開。対するウズベキスタンも積極的にボールを奪いに行く姿勢を見せず。最後まで目立った攻防もないまま、試合は終了となった。

 試合を目の当たりにした中国メディアが「酷い」(中国メディア『捜狐』)と訴えたほどの“凡戦”。しかし、日本が2点を先行してから退屈な内容に終始したのには、アジア予選のレギュレーションが関係していると見られる。

 この2次予選はA~Cの各組1位と、2位で最高成績を収めたチームの計4か国が、「2枠の出場権」を決めるアジア最終予選に進む。日本が1位で最終予選に進出した場合、仮にA組から2チームが勝ち上がるとなると、同組で1位突破が有力のオーストラリアと対戦する運びとなる。

 ゆえに日本は、難敵との対戦シチュエーションを回避すべく、積極的にゴールを目指さなかった可能性があったとされている。2位通過での最終予選進出の可能性が大きくなるために日本に付き合う形となったウズベキスタンの本田美登里監督も、試合後に「ゴールの統計は次のラウンドに進むために非常に重要であり、この側面から考慮した」と説明している。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧