【小平奈緒×山田恵里】金メダリストが考える「現役引退」の意味と現実。人の価値は「メダルの色では決められない」

タグ: , , , , , , 2022/6/8

ともにプレッシャーの中で結果を出してきた山田(左)と小平(右)。初めて会ったのはオランダだったという。(C)Getty Images

 日本女子スポーツ界を牽引する二人のスター。2018年の平昌五輪で日本女子スピードスケート史上初の金メダルを獲得した小平奈緒と、2008年の北京五輪と2021年の東京五輪で金メダルを獲得した山田恵里の豪華対談が実現した。世界の頂点を極めたアスリートたちは、その競技人生でいかなる価値観に触れ、どんな考え方を育んできたのか。計3回に渡ってお届けするインタビューの第一弾では、海外での生活と「現役引退」について話を聞いた。

【美人アスリート小平奈緒×山田恵里金メダリスト対談動画①】初めての出会いはオランダ!世界で活躍する2人のこれからとは?

――お二人はソフトボールの世界選手権が開催されたオランダでお会いしたとお聞きしました。

山田恵里 2014年ですね。世界選手権の時に、小平さんが試合を見に来てくれたんです。お会いしたのは、それが最初で最後でしたが、私はこの前の北京オリンピックもしっかり見ていました。

――当時、小平選手は拠点をオランダに移したばかりでしたね。

小平奈緒 ちょうど、ソチオリンピックが2014年の2月に終わって、その年の春からオランダに住んで、現地のプロチームと一緒にトレーニングをしていました。それで8月に日本のソフトボール代表チームが来ると聞いたんです。私自身、オリンピックで全然成績が伴わなかったので、金メダルを獲ったチームの雰囲気を感じたり、選手の姿を見に行って何かを得ようと思っていました。きっかけ作りの一つとして一人で車を走らせました。

山田 自分で運転してたんですか? オランダで、すでにそういう生活をされていたんですね。

小平 ネットでチケットを取って、会場の近くに駐車場あるかとかも調べました。誰と一緒でもなく、本当に一人で(笑)。練習から見させていただいたんです。

山田 私、小平さんは自転車で来られたと思ってました。近くでトレーニングされていたのかと。すいません、ちょっと勘違いしてましたね(笑)。

小平 当時、住んでいた所からちょうど車で1時間半ぐらいだったかな。結構ど田舎に住んでいたので、部屋は牛小屋を改築した家の屋根裏でした(笑)。

山田 まさか来ていただけるとは思わなかったですよ。ソフトボールがオリンピック種目から外れて時間が経ってましたし、その後に五輪競技に復活するのも全然決まってない状況だったので、本当にすごく嬉しかったです。

――山田選手もアメリカでのプレー経験がありますし、海外で競技生活していたのはお二人の共通点ですね。現地で学んだことは?

山田 勝手なイメージですけど、小平さんのことだから、すぐに現地に適応して、言葉もすぐ覚えちゃったのかなって。何かそんな気がします。

小平 すぐには覚えられなかったんですけど、チームの日常会話がオランダ語だったので、そこで自分が心豊かに過ごすためには、やっぱりオランダ語が必要だというのを1ヶ月ぐらいで感じました。そこから毎日、最低でも3つは単語を覚えるのを自分に課したり、チームメートもたくさん先生になってくれました。常に小さいノートを持ち歩いて、6ヶ月間ぐらい、山田さんの試合を見に行った時ぐらいまでには、オランダ語で少しはやり取りできるようになっていました。

山田 私は通訳さんがいました。だから英語も全然覚えてないんです。専門用語は日本とも共通する言葉が多かったので、プレーする最低限の言葉はわかったんですが……私も1日単語三つとかでやれば良かったですね(笑)。

小平 私も片言ですよ。英語はいまだに喋れませんし。オランダでは完全に1人だったので、必要だったので何とかやってましたけど。

山田 すごいな、なんか自分が恥ずかしいです(笑)。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧