井上尚弥はなぜ「最強」なのか “天才アマ”が語った高3の衝撃「これは彼と“やった奴”にしか分からない」

タグ: , , , , , , 2024/7/7

フィリピンのオマヤオとのプロデビュー戦で鮮烈なKO勝利を飾った井上。この時から彼のポテンシャルは発揮されていた。(C)産経新聞社

井上が弱肉強食の業界で一線を画すワケ

 井上尚弥(大橋)と対戦する直前、対峙する誰もが「俺が勝つ」「あいつは小さいから俺が有利だ」と豪語する。

 無論、それらはトラッシュトークの一環であり、自身の心理を見せないようにあえて強気に振舞っている面もある。だが、彼らは皆、身長165cm、リーチ171cmの小柄な日本人を前にして上から物を言っているようにも見えた。とりわけ上の階級に進むほど、そうした傾向は強く現れる。

【画像】鮮烈KOで防衛成功!”悪童”ネリを打ち砕いた井上尚弥の圧巻ファイトを厳選写真でプレーバック





「試合中のボディーへのジャブが見えなかった」(スティーブン・フルトン=米国)

 いずれも元世界王者の言葉だ。こうしたメッセージに代表されるように、試合後の対戦相手は揃って井上を称賛する。凄まじいポテンシャルを体感し、そうする他にないのだろう。

 拙い表現かもしれないが、これまで24人の選手たちが衝撃的な強さを前に”ボロボロ”になってきた。彼らの中には井上戦後に闘志を失い、精神面で問題を抱えた者もいる。「命を懸ける」とは大袈裟だが、それに近いダメージを心身に受けるのである。

 ではなぜ、世界的に見ても小柄な井上は弱肉強食の業界で一線を画す強さを誇るのか。その理由は直接対峙した人間にしか分からない。そう思い立ち、ある人物の下に向かった。

 尋ねたのは、須佐勝明。ロンドン五輪ボクシング・フライ級日本代表であり、かつて他でもない井上が「怪物」と評した男である。

 いまやボクシング界の大スターが「第2の師」とも仰いだ“天才アマチュアボクサー”だった。そんな須佐氏は井上がプロ入りを決断前の高校3年生時に実施された日本代表合宿に帯同。マスボクシングで拳を交わしていた。だからこそ、井上の凄みを知っていると筆者は感じていた。

 すでに同氏は現役を引退。井上との対峙から時は経っているが、当時の衝撃は鮮明に脳裏に焼き付いていた。

「高校生の時に彼と初めて戦った時に何よりも感じたのは距離の遠さだったんです。それでいてパンチも軽量級のパンチではなかった。なので『これは同じ階級ぐらいじゃ誰も当てられないな』と思ったのを覚えています」

 当時の井上は日本ボクシング界でこそ名の知れた存在だったが、一般の世間的には無名。いわばキャリアの黎明期にあった。そんな当時から発揮されていた「違い」を語る須佐氏は、肌身で感じた異次元さも強調する。

「井上選手はカウンターも巧かった。そうなると避けるにしてもリスクが伴うんです。彼の場合はパンチがあるので。そうすると自分のボクシングが出しづらくなる。私は遠距離を保ちながらカウンターが出来て、なおかつ強いパンチが打てるっていうのがボクシングでは強みだと思うんです。それを彼は高校3年生の時に自然に出来ていたんです」

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧