【フィギュア】「自信をなくし、ジャンプが下手になっていく」高橋成美が明かすペア故に感じる相手に合わせるむずかしさ

タグ: , , , 2021/12/17

 木原龍一&三浦璃来ペアの躍進により、これまで以上にペア競技への注目度が高まってきているフィギュアスケート。

そんなペア競技について、元日本代表・中野友加里さんのYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」では、ゲストにソチ五輪ペア代表・高橋成美さんを迎え、ペア競技のあれこれについて解説している。

その前編では「体重管理」や「責任」についてペア競技ならではの視点から語られたが、後編として公開された動画では、シングル経験者の2人が感じるペア競技での苦労について語られた。

【動画】ペアを経験して〇〇が楽しめなくなった!?高橋成美さんが感じた現在のペア競技とは

シングルからジャンプが下手になっていく傾向が・・・


現役時代、中野さんはシングル選手として、高橋さんはペア選手として日本を代表する選手出会ったが、実は互いにそれぞれの種目の経験者でもある。

そんな2人だからこそ感じた、ペア競技におけるジャンプの難しさについて語られた。

「シングルで活躍していた選手もペアになるとジャンプがちょっと不得意になってしまうんですよね」と話す高橋さん。

「はじめのうちは、相手に合わせてなんとか跳ぶことができる。でも、ずっとやり続けていくうちに、自分のタイミングを見失ってしまうんです。自分が不調の波に陥った時、自分のタイミングではないもので跳んでいるので跳べなくなる。それでも相手に合わせて跳ばないといけないので自分の感覚が取り戻せなくなっちゃうんですよね。それで自信をなくし、ジャンプが下手になっていく傾向がありました」





一方、中野さんは長年シングル選手としてやってきたからこそこんなことを感じるという。

「やっぱり相手に合わせて跳ぶって大変ですよ。なおかつ曲もあるわけなので、相手に合わせながら曲にも合わせないといけない。シングルだったら曲に合わせ、自分のタイミングがあっていればいいわけじゃないですか。でもそこに加えて相手にも合わせないといけないとなると、大変だなと思います」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧