感染者続出 オフシーズンの野球界にも猛威を振るう新型コロナウイルス

タグ: , 2021/1/8

 年が明けてから新型コロナウイルスの感染拡大が急速に広がり、政府は首都圏の1都3県に緊急事態宣言を発出した。そのウイルスの猛威は、オフシーズンの球界にも達していた。

・今すぐ読みたい→
巨人退団後に大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/players-who-succeeded-after-leaving-the-giants/



 ヤクルトは7日、昨季全試合で4番を務めた村上宗隆内野手が新型コロナウイルスに感染したと発表。自主トレ先の宮崎県内で6日朝に38・2度の高熱を訴え、PCR検査を受けた結果、陽性判定を受けた。

 弱冠二十歳ながら、打率・307、28本塁打、86打点と堂々の成績を残したチームの顔。キャンプインが2月1日に迫る中、調整の遅れが懸念される。

 さらに村上とは一緒に、青木宣親外野手、西浦直亨内野手、塩見泰隆外野手、宮本丈内野手、中山翔太外野手の5選手が合同自主トレを行っていた。濃厚接触者となったこの5選手は、幸いにしてPCR検査の結果が陰性だったという。

 ヤクルトは厳しい感染対策を行い、昨季中は一人も選手から感染者を出さなかった。それだけに衝撃は大きい。





ヤクルトだけではない。5日にはロッテがエースの石川歩投手がコロナに感染したと発表した。石川は昨年12月27日から1月1日にかけて、富山県の実家に帰省。自家用車で移動していたが、2日に鼻水の症状を訴えPCR検査を受けたところ、4日に陽性判定を受けた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【受注生産】堀口恭司チャンピオン復帰記念 メタルフォトフレーム

RIZIN.26で朝倉海選手に見事に勝利し、RIZINバンタム級チャンピオンに返り咲いた 堀口恭司選手のメモリアル限定デザインのメタルフォトフレームを販売いたします。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧