ヤンキース・田中将大が新たな「ミスター・オクトーバー」!?過去にPSのMVPに輝いた2人の日本人とは?

タグ: , 2019/10/16

 メジャーリーグのポストシーズンも佳境にさしかかってきた。快投を続けているのがヤンキース・田中将大投手。既にワールドシリーズ優勝候補の一角だった、前田健太投手が所属するドジャースは地区シリーズで敗退しており、生き残っている唯一の日本人メジャーリーガーとなっている。

 田中は5日のツインズとの地区シリーズ第2戦に先発。5回3安打1失点と危なげない投球で勝利投手となり、ア・リーグ優勝決定シリーズ進出に貢献した。

 そしてアストロズと争うそのア・リーグ優勝決定シリーズでは、第1戦の先発に抜擢された。ここでも期待に十二分に応え、6回1安打無失点とほぼ完璧な投球。今季メジャー30球団トップの107勝を挙げた強打線を手玉に取り、白星発進へと導いた。

新たな「ミスター・オクトーバー」


 田中はここまで通算で、ポストシーズン計7試合に先発。5勝2敗、防御率1・32と驚異的な数字を残している。特筆すべきは、その7試合全てが5回以上を投げて2失点以下という点。これはドジャースのサンディ・コーファックスを抜き、メジャー史上初めての快挙となった。

 毎年、勝負どころのポストシーズンになると、人が変わったかのような快投を見せ続けている。これにはニューヨークのメディアも大興奮。「新たな『ミスター・オクトーバー』の誕生だ」と賛辞を惜しまない。

 ア・リーグ優勝決定シリーズは1勝1敗で、舞台をニューヨークへと移した。田中の次回は中4日で第5戦に登板予定。ここでも好投して勝利をつかむようだと、同シリーズMVPの有力候補へと躍り出そうだ。

 メジャーのポストシーズンでは、5回戦制の地区シリーズではMVPを制定していないが、7回戦制で争うリーグ優勝決定シリーズとワールドシリーズではMVPを授賞している。過去、その栄誉に輝いた日本人メジャーリーガーが2人だけいる。

・合わせて読みたい→
平成史上最悪のドラフト…ヤクルトの2014年暗黒ドラフトを忘れない(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yakult-swallows-2014-draft-players/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧