退任宣言に批判の嵐・・・阪神矢野監督「奇策」は球界への挑戦状!日本一監督の退任は過去に2人

タグ: , , 2022/2/5


 ひとことでいえば「捨て身」か。

 キャンプイン直前の1月31日、阪神・矢野燿大(あきひろ)監督が今季限りで監督を退任すると表明し、物議を醸している。賛否両論、いや批判の声のほうが圧倒的だ。シーズン前に、監督が去就に言及するのは前代未聞。プロ野球の重鎮たちを中心に「無責任すぎる」「自分が楽になりたいだけ」「選手が集中できない」などと言われたい放題だ。

・今すぐ読みたい→
立浪中日激震!一軍首脳陣隔離で「機能不全」に 心配される「あの影響」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/dragons-malfunction/



 数少ない理解者、というより経験者が日本ハムの新庄監督。矢野監督の発言に「それ、どっかで聞いたことあるな。おれも言ったな、早めの引退」とニンマリ。自身が現役時代の2006年、シーズン序盤に引退を表明しており「矢野さん、似てるな。選手もいろんな思いがあると思う。チームが変わるんじゃないですか」とポジティブにとらえた。

 新庄の「引退宣言」は当時、Bクラス常連だった日本ハム移籍3年目で「どうしても優勝したかった」と4月の試合でその年限りの引退を発表。毎試合が引退興行のようになって観客動員も増え、一丸となったチームは25年ぶりリーグ優勝、44年ぶり日本一の快挙を成し遂げた。開幕早々の「新庄引退宣言」が起こした奇跡は、球界でも語り草となっている。

 矢野監督の大胆行動が、阪神時代に同僚だった新庄に感化された部分は少なからずあるだろう。ただ立場が選手でなく監督という違いがある。前例もなく、逆風が吹き荒れることはある程度想定内に違いない。阪神監督として3年連続Aクラス(3位、2位、2位)でも、優勝には何かが足りなかった。今オフ1年契約を結んで再スタートするにあたり、あと一押しの起爆剤として、自らの「クビ」を公にさらしたのかもしれない。





 新しい挑戦がバッシングを受けるのは世の常。「二刀流」の大谷翔平も多くの批判を受けながら、パイオニアになった。奇策が吉と出て、2005年以来遠ざかる優勝へと矢野監督が導いたら、ブーイングを浴びせている周囲の反応はどう変わるだろうか? 優勝して退任した監督は過去11人。うち1954年の中日・天知俊一監督、2014年ソフトバンク秋山幸二監督の2人が日本一になっている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧