ヤクルト、正捕手離脱の危機を乗り越えられるか 苦境の中でまとまったブルペン陣に“8回の男”が帰ってきた!

タグ: , , , 2024/6/12

ヤクルトは“8回の男”清水昇が1軍に帰ってきた(C)産経新聞社

 ヤクルトは6月11日、みずほペイペイドームで行われたソフトバンク戦で2-4と逆転負けを喫した。交流戦も終盤に入ったが、この日、上半身のコンディション不良のため中村悠平が出場選手登録を抹消された。正捕手の離脱という危機に直面したが、このピンチを乗り越えていかなければならない。

【動画】西川遥輝が決勝の犠飛!ヤクルトが接戦を制する





 そんな中、4月26日に出場選手登録を外れて2軍調整をしていたリリーフの清水昇が1軍に合流した。近く出場選手登録される見込みで、開幕から10試合で0勝3敗2セーブ、防御率9.00と振るわなかった“8回の男”が、再び1軍で輝きを放つときがきた。

 ファームでは10試合で1勝1敗1セーブ、防御率5.06だったものの、2020年から4年連続で50試合以上に登板し、21年には72試合に登板してリーグ優勝に貢献した実績と経験を誇る右腕の復帰は心強い。

 また、右肘痛からの完全復活を目指す奥川恭伸も1軍に合流。奥川は今春のキャンプを1軍で迎えたが、コンディション不良で開幕1軍は叶わず、ファームで調整を続けてきた。6月14日のオリックス戦(京セラドーム)で1軍登板を果たす予定の右腕が、リーグ戦再開後も大きな戦力となってくれることを期待せずにはいられない。

 ヤクルトはエースの小川泰弘が上半身のコンディション不良で開幕に間に合わず、抑えの田口麗斗も開幕直後にファームで再調整するなど、投手陣は苦しい状況に陥っていた。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧