井上尚弥が階級の垣根を越えて挑戦を求められるワケ フェザー級王者陣営が語った“異能”「イノウエは今の世界最高」

タグ: , , , , , 2024/6/6

いまだ敵なしの井上。その強さはライバルたちの垂涎の的となっている。(C)Takamoto TOKUHARA/CoCoKARAnext

 超人的強さを誇るからこそ、ライバルからの対戦要求も集中する。ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者に君臨する井上尚弥(大橋)との勝負を望むファイターが続いている。

 もはや井上は階級の垣根を越えて語られる。現地時間6月5日には、WBA世界フェザー級の新王者になったばかりのニック・ボール(英国)の陣営が日本の怪物を「本当にやりたい相手」としてリストアップした。

【画像】鮮烈KOで防衛成功!”悪童”ネリを打ち砕いた井上尚弥の圧巻ファイトを厳選写真でプレーバック





 27歳の世界王者の実力も伊達ではない。20戦19勝(11KO)1分けと無敗を誇るボールは、157センチと小柄ながら積極果敢に打ち出し、相手に仕掛けてくる戦法を基本とする“突貫ファイター”だ。

 現地時間6月1日にサウジアラビアで行われたWBA世界フェザー級王者のレイモンド・フォード(米国)戦でも判定(2-1)で勝利。終盤にカウンターやアッパーを被弾する危うい場面はあったが、序盤から最後まで手数は減らず。念願だった世界タイトルを手にした。

 いまだ伸びしろのある27歳は自信を深めている。だからこそ、陣営は“大物”とのメガマッチを大胆に求めた。米ボクシング専門サイト『Boxing Scene』の取材に応じたボールのヘッドトレーナーであるポール・スティーブンソン氏は「本当に望んでいるのは、ナオヤ・イノウエとの試合だ」と断言。そして「我々が今後のニックの戦いを計画するうえで、イノウエとの戦いは最大の戦いになる」と続けた。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧