「カネを払う価値がある」井上尚弥と29戦無敗男デービスの“最強対戦”に名物ジャーナリストが意見「イノウエの方が爆発力はある」

タグ: , , , , , 2024/6/8

井上とデービス。軽量級で圧倒的な存在感を放つ両雄のマッチアップへの期待は止まない。(C)Getty Images、(C)Takamoto TOKUHARA/CoCoKARAnext

 ファンの間で囁かれてきた“ドリームマッチ”は、今も「もしも」の話として論じられ続けている。ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者の井上尚弥(大橋)と、WBA世界ライト級王者のガーボンタ・デービス(米国)の対戦である。

【動画】6秒で36発の驚愕スピード! デービスの異次元練習風景をチェック





 両者の間に「差」があるのは火を見るよりも明らかだ。なにせ階級が3つも違う。これはダメージなどを考慮して階級制が設けられているボクシングにおいて埋まりようがない差と言っていい。実際、今年5月に井上との対戦に関して意見を求められたデービスも、「俺が下げて、彼が上げて、130ポンド(スーパーフェザー級)でなら……。でも正直言ってやる可能性はない。流石に厳しいだろ。やらないと思う」とキッパリと語っている。

 それでも人々は軽量級で異彩を放つ両雄の直接対決に夢を見続ける。現地時間6月1日には、米ボクシング専門サイト『ProBox』のメキシコ版は「王様は誰だ」という企画を実施。そのなかでスポーツジャーナリストで、「ボクシングの百科事典」の異名を持つラロ・カマレナ氏が「お金を払ってでも見たい存在だ。技術があり、防御も攻撃も素晴らしい。何よりもパンチが多彩だ」と井上を激賞。そのうえでデービスとの比較を展開した。

 無論、29戦無敗にして、3階級を制してきたデービスを軽んじるわけではない。カマレナ氏は「彼もボクシングは上手い。言われるように重要な動きもできる」と評したうえで、「だが、イノウエは偉大な戦士たちと同じ動きをする」と指摘。日本が生んだ怪物の“勝利”を予想する。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧