「騙そうとするな」アフマダリエフ陣営は井上尚弥の動きに憤怒 英興行大手CEOが不満を露わに「ドヘニー戦は酷いミスマッチだ」

タグ: , , , , , 2024/6/22

自身の計画を着々と進める井上(右)に、大物プロモーターでもあるハーン氏(左)は黙っていなかった。(C)Getty Images、(C)Takamoto TOKUHARA/CoCoKARAnext

 ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥に、業界の大物プロモーターが怒りを露わにした。

 英興行大手『Matchroom Boxing』のエディ・ハーンCEOは、米ボクシング専門YouTubeチャンネル『Fight Hub』に出演。来る9月にWBO世界同級2位のテレンス・ジョン・ドヘニー(アイルランド)との対戦が決定的と見られている井上陣営に対して「ひどいミスマッチだ」と辛辣な意見を飛ばした。

【動画】悪童ネリに逆襲の右ストレート!井上尚弥がドームを熱狂させた貫禄のTKOの瞬間





 ハーン氏が怒る理由は“モンスター”のプランにある。

 今月13日に井上はWBAから9月25日までに同級1位で、『Matchroom Boxing』と契約を締結するムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)との指名試合を行うよう指令を受けた。だが、かねてから対戦交渉を進め、準備を重ねてきたドヘニー戦を優先。米メディア『Boxing Scene』では、共同プロモーターを務める米興行大手『TOP Rank』のボブ・アラム会長が「アフマダリエフ? それは誰なんだ。誰も彼のことを聞いたことがないだろう」と語気を強め、「日本では重要」と37歳のアイルランド人戦士との対戦の重視する考えを示した。

 王座剥奪の可能性があっても自身の計画を進めていく。このブレない王者陣営の動きにつぶさに反応したハーン氏は不満をぶちまける。まず、『TOP Rank』に対して「彼らがドヘニーとの試合を企画し、競争力のあるものとして売り出すことで、格闘技ファンを騙している」と断言。いわば自身の顧客であるアフマダリエフを「無名」と皮肉ったアラム氏にも、「私が一番腹を立てているのは、彼が嘘つきだからだ。『アフマダリエフなんて聞いたことない』なんて冗談だろ」と怒った。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧