「イノウエが奇妙だ」井上尚弥のアフマダリエフ戦“拒否”を海外記者が疑問視「ドヘニーとの試合は理解しがたい」

タグ: , , , , , 2024/6/24

タイトルを総なめにし、敵なしの強さを誇る井上。その一挙手一投足は常に話題の中心となる。(C)Takamoto TOKUHARA/CoCoKARAnext

 圧倒的な強さゆえ、なのか。ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)に対する風当たりが強まっている。

 世界に「モンスター」の異名を轟かせる男の強さはいまだ衰え知らずだ。プロ27戦無敗(24KO)と敵なしの井上は、昨年12月に2階級での4団体統一という偉業を達成。まさに不世出の存在としての地位を固めつつある。

【動画】フルトンもタジタジ 井上尚弥が世界に見せつけた衝撃のKOシーンをチェック





 そんな偉才の動静が注目を集めた。今月13日に井上はWBAから9月25日までに同級1位のムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)との指名試合を行うよう指令を受けたのだ。

 これに対して、井上陣営はかねてから交渉を進めてきたWBO世界同級2位のテレンス・ジョン・ドヘニー(アイルランド)との準備を優先。共同プロモーターを務める米興行大手『TOP Rank』のボブ・アラム会長も「アフマダリエフ? それは誰なんだ」と指摘し、突然の指令に異を唱えた。

 ただ、ドヘニー戦が決定的となる現状に反発も広がった。アフマダリエフをサポートする英興行大手『Matchroom Boxing』のエディ・ハーンCEOは「申し訳ないが、TJ・ドヘニーvsナオヤ・イノウエは酷いミスマッチだ。正直に言わせてもらう」と断言。さらに「こんなふざけたマッチメイクを受け入れてはいけない」とファンに呼びかけ、アフマダリエフ戦の実現を訴えた。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧