「ショウヘイは史上最高の選手」ヤンキースOBの伝説左腕サバシアがMVPレースに見解!「ジャッジの活躍も理解しているが…」

タグ: , , , , 2022/9/13

(C)Getty Images

  レギュラーシーズンも終盤に差し掛かり、エンゼルスの大谷翔平とヤンキースのアーロン・ジャッジによるMVPレースも白熱の一途をたどっている。

 大谷は投手としてキャリアハイの12勝を挙げつつ、打者として34本塁打を放つ異次元の活躍。対するジャッジは、すでに55本塁打と、ロジャー・マリス氏が持つア・リーグ最多本塁打記録(61本)を上回るペースでアーチを積み重ねている。

【動画】相手投手も「マジかよ」の表情!大谷翔平が右手1本で放った「最新34号2ラン」の映像をチェック!






 この2人によるハイレベルなア・リーグMVP争いの話題が常にメディアを賑わせているが、今回、大谷の受賞を激押したのがMLB通算251勝を挙げたレジェンド左腕のCC・サバシア氏だ。このヤンキースOB投手はMLB公式番組『MLB Network』に出演し、ジャッジと大谷について私見を述べた。

 同氏は「ジャッジは私の弟のような存在だ」「ジャッジの活躍も全部理解している」としつつ、大谷について「最高の選手。彼こそMVPだ」と絶賛。さらに、「彼がいなければ、プレーオフも見えていなかったかもしれない」とジャッジを評価しながらも、「だが、オオタニこそが、まさに我々が今まで見た中でベストプレーヤーなんだ」と力説した。

 史上初の「シーズン30本塁打&2桁勝利」を成し遂げるなど、大谷は今季もMLBの様々な記録を塗り替えてきた。エンゼルスは不本意な成績に終わっているものの、大谷個人にフォーカスすれば、やはり今季もMVPにふさわしい活躍を見せていると言えそうだ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】日ハム・清宮 来季は「二軍生活」か 指揮官の不興を買った「理由」とは
【関連記事】巨人・坂本 キャプテン「はく奪」も 待ち受ける「いばらの道」
【関連記事】今FA戦線の目玉、西武・森をめぐって怪情報 急浮上した「意中の球団」とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧