「MVP争い」日米報道に温度差ありすぎ…なぜプロ野球では話題にもならない?

タグ: , , , , 2022/9/10

(C)Getty Images

 大谷かジャッジか。メジャーでは連日のように、ア・リーグMVP争いの報道が過熱している。プロ野球はどうか? MVPの話題に、まったくといっていいほど触れられていない。なぜだろうか。

【関連記事】原巨人 「身内」からも続投ダメ出し!? 注目集める「メッセージ」とは






 メジャーでは、ライバル同士がハイレベルで競い合っている。 投打で唯一無二の結果を残すエンゼルスの二刀流と、 記録的ペースで本塁打を量産するヤンキースの主砲。勝負ごとが好きな米メディアはシーズン中盤から話題として取り上げ、佳境を迎えてさらに注目度が増している。

 プロ野球では、セ・リーグMVPは一択。ヤクルトの若きスラッガー村上宗隆(22) が史上最年少で50本塁打を放ち、チームも首位を独走。MVP選出は確実で、ファンの関心は3冠王なるかどうかに集まっている。

 パ・リーグMVP争いは拮抗している。個人記録でいえば、投手タイトルで複数部門トップのオリックス山本由伸や、本塁打と打点で2冠につける西武山川穂高らが候補。だがMVPの話題には不思議とならない。

 日米の違いは「チーム成績」にある。プロ野球ではほとんどの場合、優勝チームからMVPが選出される。優勝にもっとも貢献した選手が選ばれる傾向が強い。今年のパ・リーグV争いは大混戦で、 シーズン最終盤までもつれるのは必至。 優勝が決まらないことには、MVPも決められない。

 プロ野球で優勝チーム以外からMVPに選ばれるには、個人で突出した好成績を残さないといけない。2000年以降で、優勝チーム以外からの選出は5人だけだ。

◆04年 松中信彦【ダイエー=2位】
→平成唯一の3冠王(44本塁打、120打点、打率.358)

◆05年 杉内俊哉【ソフトバンク=2位】
→最多勝(18勝)、最優秀防御率(2.11)

◆08年 岩隈久志【楽天=5位】
→最多勝(21勝)、最優秀防御率(1.87)、最高勝率(.840)

◆13年 バレンティン【ヤクルト=6位】
→シーズン最多60本塁打のプロ野球新記録

◆14年 金子千尋【オリックス=2位】
→最多勝(16勝)、最優秀防御率(1.98)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧