NPBでも導入される?今季MLBの新ルール「延長タイブレーク制」「ジャイアント・プレーオフ」…

タグ: , , 2020/10/1

 メジャーリーグ(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーは、今季実施したさまざまな特殊ルールのいくつかは来季以降も継続される可能性があると述べている。新型コロナウイルスの影響で多くの特例が導入された。中でも継続導入有力な一つが「延長タイブレーク制」だという。

・今すぐ読みたい→
「あと50勝したいねん」日米通算150勝目を挙げたマエケンを上回る勝利数の現役5投手の現在地は? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kentamaeda-150-wins/


 海の向こうの話なのだが、実は日本プロ野球(NPB)とも密接に関わっている。MLBで導入された新ルールは、1年遅れでNPBに輸入されるケースが実に多いからだ。

 近年でいえば申告敬遠、本塁や二塁での衝突回避(コリジョン・ルール)、脳振とう特例などなど。リプレー判定も、MLBの「チャレンジ」が、「リクエスト」と名前と中身をマイナーチェンジして導入された。

 延長タイブレークがメジャーリーグで定着すれば、NPBへの導入も秒読みと言えるだろう。

 タイブレークは本来、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が積極的に推進してきた。それまでMLBは、延長戦は引き分けなしの無制限、というガチンコルール。ナイターで日付けをまたぎ、延長20回以降に突入したり、雨天中止も挟めば決着は明け方なんて試合まであった。

 タイブレークはWBSC主導のため、年代別カテゴリーの国際大会や、アマチュア野球界で広まっていた。





 日本ではNPBは延長戦は10回のみ行うことで早々に固まった。だが、同様のシステムを用いたフォーマットは他団体ではあまり見られない。国内のアマチュア野球も大半がタイブレークに傾いた。延長戦を短くすると引き分け数が増加する可能性が高くなる恐れもある。新型コロナウイルスの影響が完全にぬぐい去れるとは思えない来季、NPBでもタイブレーク制導入が議論される可能性はある。

 その他、今季のMLBは両リーグDH制も賛否両論を集めた。こちらは国内では、発言力のある巨人・原辰徳監督がセ・リーグへのDH導入の旗振り役として知られる。セの他球団にいくつか難色を示すチームがあるが、議論再燃は濃厚な気配だ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧