広島野村が日本新!こんなにあるプロ野球「珍記録」

タグ: , 2021/4/12

 プロ野球・広島の野村祐輔投手(31)が「日本記録」だ。11日巨人戦に先発し、プロ初登板から188試合連続先発となり、ミンチー(広島、ロッテ)が持つ従来の最多記録「187」を更新。デビューからリリーフ登板が1試合もないという、ある意味レアな記録といえる。

 長いプロ野球の歴史には勝利、本塁打といったわかりやすい記録だけでなく、トリビア的な珍記録も多い。いくつか紹介していきたい。

・今すぐ読みたい→
巨人退団後に大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/players-who-succeeded-after-leaving-the-giants/



◆一挙両得!勝利とセーブGET

 勝利投手にセーブまでついた試合が1度だけある。1974年8月18日、日本ハム先発の高橋直樹が近鉄戦の6回、2点リードの状況で降板して三塁守備へ。2番手投手をはさんで再登板して最後まで投げ抜き、勝利とセーブの両方の条件を満たした。のちにルールが改正されたが、高橋が「同試合で勝利とセーブ」を挙げた唯一の珍記録保持者になった。

◆フライ革命!?ゴロアウト0

 27アウト全てがゴロアウトなしという史上初の珍記録は1983年5月25日に起こった。中日の高橋三千丈が阪神打線を完封した内訳は三振4つ、残りの23アウトを全てフライアウトで奪ったもの。3安打はゴロヒットだったが、中日バッテリーと内・外野手は捕殺0だった。

◆どうやって!? 13球団から勝利

 セ・パ両リーグ合わせて12球団しかないのに、13球団から勝利した投手が現ソフトバンク監督の工藤公康。数球団に所属し「12球団」白星達成者は過去にもいるが、2004年に消滅した近鉄と新球団楽天からも勝利を挙げた工藤は、「13球団」制覇した唯一の投手となった。





◆生涯0本塁打ギネス世界記録

 数を積み重ねる記録は多いが、「0」でギネス世界記録に認定されたのがロッテ岡田幸文。育成契約から2010年に支配下登録され、2018年に引退するまで本塁打が1本も出なかった。「デビュー以来2501打席無本塁打」記録は誰にも破られていない。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧