先輩の誘いは断れない…阪神クラスター問題を生んだプロ野球界の「掟」

タグ: , , 2020/9/29

 「いつかこうなるのではないかと思っていましたが、恐れていたことが起きてしまったという感じです」

 こう嘆くのはある在阪スポーツ紙のデスクです。

・今すぐ読みたい→
また虎なのか…2度目の集団感染発覚に厳しい声も 今後につなげるために求められる対策とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tigers-mass-infection/


 プロ野球の阪神が25日、内野手2名、投手3名と1軍スタッフ2名を合わせた計7名がPCR検査で新型コロナの陽性判定されたと発表しました。

 「このうち3選手とスタッフ1名はチームの規律を破り、名古屋で大人数の会食に参加したそうです。店は貸し切りにしたようですが、これにはベテラン選手を含む、7選手とスタッフ1名の計8名が参加していました」(前述のデスク)

 コロナ禍の世の中ではテレワークが推奨され、社会の誰もが少しでも感染リスクを下げるために創意工夫を続けています。プロ野球も感染者を出さないことと、ペナントレースの継続という2つのミッションを「両立」させ、ここまで奮闘してきました。この努力を気泡に帰すこれらの行いは、批判されてもやむを得ません。





 「でも…若手選手には同情しちゃうんですよ」

 こう話すのは虎番経験のある一般紙記者です。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧