ソフトバンク・王会長「できるものなら、あと4つ球団が誕生してほしい」その場合の候補の本拠地はどこ?

タグ: , 2020/2/19

 ソフトバンク・王貞治球団会長の発言をきっかけに、にわかにプロ野球の16球団への拡張構想が盛り上がっている。

 事の発端は1月に放映された福岡の民放テレビでの発言。TNCテレビ西日本の「CUBE」内で「できるものなら16(チーム)、あと4つ球団が誕生してほしい」とインタビューに答えた。

・今すぐ読みたい→
逃した魚は大きかった?!ドラフト「外れ1位」選手の活躍を追え!(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/miss-1st-place-in-draft/)

新たに4チームが加わるとしたら本拠はどこになる?


 プロ野球は昨年、観客動員で初めて2600万人を突破。平均観客数は4%以上増え、こちらも初めて3万人を超えた。少年世代を中心に競技人口が減少する「野球離れ」には歯止めがかかっていない。その一方で、興行としてのプロ野球人気はかつてないほど盛り上がっているのが現状だ。

 かつてのプロ野球チームは年間20億円以上の赤字を垂れ流すのが当たり前。親会社からの補填で自転車操業し、広告宣伝塔としてのみ必要とされていた。だが、2004年の球界再編などを経て、各球団の営業姿勢に変化が見られた。それまで人気球団の巨人におんぶにだっこだった状態から、パ・リーグの復興・独立や広島、DeNAのブランド化が成功。黒字球団が激増し、うまみのあるビジネスに生まれ変わった。

 では球団拡張が将来的に実現するとして、新たに加わる4チームの本拠はどこになるのだろうか?

 2014年には自民党の日本経済再生本部「日本再生ビジョン」として、塩崎恭久政調会長代理が16球団への拡張を提言している。「2リーグ4地区制」であり、「静岡県、北信越、四国、沖縄県などに球団の空白地域が残っている」と表記されていた。「とりわけ沖縄に関しては、沖縄振興の観点からどのような支援が必要かなどの対応策について議論を深める」とも。

 その沖縄には今年から新たなプロ野球チームが誕生した。独立リーグに属さない琉球ブルーオーシャンズで、プロの2、3軍や台湾などとの試合を通じてレベルアップをはかり、将来的なNPB参入を目指している。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧