パの規定投球回到達がわずか6人…、史上最少になった理由

タグ: , , 2019/10/2

 スポーツ新聞の成績欄に妙な余白が目立つ日々が続いた。その違和感は消えないまま、レギュラーシーズンが閉幕した。パ・リーグは規定投球回(143回)に達した投手が、わずか6人だけ。史上最少に終わった。

 過去10年を振り返っても、規定到達が1桁だったのは9人の昨年2018年だけ。異常事態とも言える。

 到達した6人は、オリックス・山本由伸、日本ハム・有原航平、ソフトバンク・千賀滉大、ソフトバンク・高橋礼、オリックス・山岡泰輔、楽天・美馬学。シーズン終盤には、その時点での規定到達が3投手だけという日さえあった。

 しかも山本と高橋は143回と規定ギリギリ。美馬は143回2/3だった。最後の最後に、無理矢理規定に届かせた格好だ。

各チームのエース級のケガ、分業制etc.


 原因はいくつか考えられる。最大の要因はエース級の投手にケガ人が相次いだことだろう。

 楽天の則本昂大に岸孝之、日本ハムの上沢直之にニック・マルティネス。オリックス・ディクソン、ロッテ・涌井秀章、西武・多和田真三郎ら。各チームは難しいやりくりを求められた。

 そして分業制。中継ぎ投手の重要性は年々増してきており、先発完投型の投手を無理に求めてはいない。6~7回を投げ、試合をつくってくれることが先発投手の最低限の役割となっている。日本ハムのチームとして1完投も最少記録で、リーグ全体の19完投も同じく最少記録となった。

 また、今季から1軍の登録枠が1人増えて29選手となった。各チーム、中継ぎ投手に充てることが多く、以前より積極的な継投策が可能に。中継ぎが短いイニングを前提で先発する「オープナー」など、戦略も幅広くなってきた。

・合わせて読みたい→
エッ、俺じゃないんすか?巨人が最終的にドラ1指名しなかった金の卵たち(https://cocokara-next.com/motivation/rookies-who-giants-did-not-ultimately-nominated-doraft-1/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧