【フィギュア】中野友加里が語る衣装と音楽の「関係性」そして名プログラム「SAYURI」衣装作成秘話

タグ: , 2020/11/17

 フィギュアスケート女子元日本代表の中野友加里さんが、フィギュアスケートを様々な角度からお届けするYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」。

「衣装編第2弾」となった14日公開の動画では、苦労したという中野さんが2007年世界選手権東京大会で着用した「SAYURI」の作成秘話や、選手同士の衣装被り、さらには衣装と音楽の関係について語っている。

・今すぐ読みたい→
中野友加里が羽生結弦を徹底解剖!「彼は毎日考えながら生きている選手」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-talks-about-yuzuruhanyu/

着物のイメージが難しく・・・


「そもそも、この『SAYURI』を選曲した理由としては、2007年に東京で世界選手権が開催予定だったので、もしそれに出場できるのなら、日本をベースとした芸者の音楽『SAYURI』で勝負したいと思い、振付師のマリナ先生と相談し決定しました。」

中野さんによると、選曲そして振付自体はトントン拍子で進んだものの、衣装の作成に相当な苦労があったという。

「ある海外のデザイナーさんに、『着物をイメージして作りたい』とお伝えしたんですが、どうも海外の方の着物に対するイメージが難しかったようで、ちょっと違うんですよね・・・。
デザインして、それを基に衣装を作成するって、難しいことなんだなと思いました。
結局出来上がったものが自分のイメージと違うものだったので、最初は、過去に着た青い衣装を着物風に母がアレンジして作り着用していました。ただ、それも母が見飽きてきたということで、今度は一から自分で作ってみようということになり、出来上がったのがこの紫の衣装なんです。」

最終的に母親の手作りとなった「SAYURI」の衣装。

着物をイメージして作成するにあたり、難しかった点もあったようで・・・

「着物って、必ず女性は帯をしますが、その帯をスケートの衣装で入れると、難しい形になり、見栄え的に美しく見せるために、凄く労力のかかるものになってしまいます。なので、いっそのこと帯をとってしまおう、ただ斜めのラインはデザインで残すような形でと、まとまりました。」





さらに、シャンプを跳ぶ際に重要な衣装の「重量」に関しては、こんな工夫が施されているという。

「衣装はなるべく軽い方が良いということで、絹を染めてもらい使用しました。ストーンも他の衣装に比べたらそこまでついていないので、凄く軽いですね。
一つだけ、先生には『ウエストラインが美しいのに、スカートが広がりすぎているから、そこがもう少し綺麗に見える形だと良かった』と言われたんですが、私としては、せっかく母が作ってくれた衣装で、東京開催の世界選手権に出場できて良かったなと思います。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧