コロナ禍のフィギュア界について中野友加里「選手にとって休むということは凄く過酷なこと」

タグ: , , 2020/11/5

 新型コロナウイルスの影響で、グランプリシリーズ・スケートカナダ、フランス杯、そして来年の四大陸選手権の中止が決定し、日本国内で開催されている大会も、無観客で行うなど、通常とは異なるシーズンを強いられているフィギュアスケート界。

・今すぐ読みたい→
元フィギュアスケート・中野友加里さんの「サードキャリア」~引退、テレビ局就職、結婚・出産、再び氷上の世界へ~ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-third-career/






このコロナ禍の中、選手たちはどのように調整をし、大会を迎えて行くのか。そして、今季の大会の開催の行方はどうなって行くのだろうか。

さらに、今シーズン国際試合への欠場を発表した羽生結弦選手についてなど、コロナ禍のフィギュア界について、フィギュアスケート女子元日本代表の中野友加里さんが自身のYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」内で語った。

「私がもし現役選手だったら・・・」


今年春には、新型コロナウイルスの影響で、多くのスケートリンクが閉鎖されるなど、氷上での練習が不十分なまま、シーズンを迎えることになった選手たち。

体力面や試合勘など、様々な難しい調整を強いられることとなったが、この点について中野さんは、こう話している。

「このような状況の中で、おそらく選手たちは、スケート靴をはいて氷上に乗れない時間が1ヶ月〜2ヶ月ほどあったと思います。
私が現役時代21年間過ごした中でも、最大で休んだのが4日くらい。
毎日ずっと続けていたことを、急に1ヶ月、2ヶ月やめるって、本当に想像がつきませんし、私がもし現役選手だったら、ちょっとビビって辞めていたかもしれません。
そのくらい、選手にとって休むということは凄く過酷なことなんです。
休んだら休んだ分の倍、体力を戻すのに時間がかかると思いますし、休むのも勇気がいるんですよね。」

その中で中野さんは、この体力が落ちてしまった部分を、どのように戻していくか、そしてシーズンが始まっている中で、どうやって調整していくかがカギと語る。

「試合数も例年より少なくなっているので、選手たちも試合勘を取り戻すのに時間がかかるのではないかと思います。どのように競技をしていたか、どのように大会に臨んでいったかといったことが、いつもとは違う感覚で臨むことになると思うので、そこが演技にどのように影響が出るか心配なところではあります。
ただ、それはどの選手も同じです。
自粛中に、オンラインで振り付けをして、自分のものにしている選手もいれば、陸トレを沢山やって、走って体力を鍛えている選手もいますし、一概に落ちているとは言えません。
しかし、体力不足で大会に臨んでしまうと、怪我に繋がってしまう可能性もあるので、怪我だけはないように、体調万全で臨んで欲しいなと思います。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧