金村義明が明かす「リリーフ陣の恋愛事情」とは!?

タグ: , , 2021/5/5

マー君登板日はブルペン「完全休養日」

先発・中継ぎ・抑えと「各ポジション」が明確にされているケースが多い現代のプロ野球。先発完投が主流であった金村さんの時代に、リリーフのポジションはどのように決められていたのだろうか。

「先発というのは、みんなしたいんですよ。綺麗なマウンドを踏みたいわけですからね。なので、先発をやってダメだった人が中継ぎに回されるというケースでしたね。
でも今は分業制になって、大魔神とかその辺りから『抑えのエース』と言われるまでになってきましたよね。抑えでも何億円プレーヤーにもなりますし。
でもリリーフ陣って大変なんですよ。投げなくても毎日ブルペンで肩を作るわけですからね。なので星野さんが監督の時夏場なんかは、田中将大が投げるとなれば、ブルペンを完全に休ませるなんてこともあったみたいですね。」

リリーフ陣の恋愛事情

試合への出場有無に関わらず、試合中もベンチにいる野手陣に対し、リリーフ陣は基本的にブルペン待機。会話の機会も限られると思われるが、それについて金村さんは、こんな衝撃エピソードを暴露している。

「リリーフ陣はブルペンでほとんど話さないので、リリーフカーに乗っているギャルと結ばれるのが多かったですね。乗る時に声をかけて、結婚まで行く選手もいました。ちなみに近鉄の場合は、食堂の子と結ばれることも多かったですよ(笑)ちなみに僕は硬派で売っていたのでね・・・。ユニフォームを着ている時に女と喋っちゃあ・・・って。ほんまは物凄い好きなんですけどね(笑)」

さらに動画内では「チアリーダーの恋愛事情」、そして同チャンネル出演や解説含め、多岐に渡り野球を語る上で金村さんが、意識していることについても公開されている。





※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
金村義明が佐藤輝明に太鼓判「彼はギータ超え」自身のルーキー時代は「最短退寮」
巨人小林誠司が二軍でも21打数無安打 ネットでは「一軍へ戻して」の「署名運動」も
巨人退団後に大化けした選手たち




「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧