朝倉海vs扇久保の一戦を「グレイシー一族と死闘を続けた男」が語る

タグ: , , , , , 2020/8/11

 8月10日、ぴあアリーナMMで行われた「RIZIN.23」。RIZINバンタム級のベルトをかけ、朝倉海と扇久保博正が対戦し、朝倉が1ラウンドTKO勝ち。新たな王者が誕生した。

 本命と呼び声が高かった朝倉海は、昨年8月に行われた「RIZIN.18」において、当時RIZINとBellatorの二冠王者であった堀口恭司にKO勝利。飛ぶ鳥を落とす勢いであったが、堀口が怪我により返上したRIZINバンタム級のベルトをかけた2019年末の「RIZIN.20」では、マネル・ケイプに完敗。ベルトはケイプへと渡ったが、ケイプがアメリカのUFCと契約を結び、RIZINを離脱。バンタム級の王座が空位となっていた。

・今すぐ読みたい→
浅倉カンナ、同門・扇久保の完敗に「絶対勝つと思っていたけれど、それ以上に朝倉海選手が強かった」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kannaasakura-talks-about-hiromasaougikubo/

元PRIDE戦士・大山峻護さんも絶賛

大山峻護さん


「時代を掴む男と、本物中の本物の戦い。こんなにワクワクする試合はそうそうない」と見所を語るのは、グレイシー一族やピーター・アーツと拳を交えた元総合格闘家の大山峻護さん。

 朝倉の快勝で、新型コロナ感染症対策で大声での応援は自粛、拍手での応援を推奨された会場が沸くと、「時代を掴んだ男の強さを見せつけられました。朝倉選手は入場からオーラがありましたね。扇久保選手もものすごい覚悟で、全てをかけて、全てを準備してリングに上がっていましたが、今の朝倉選手は神がかっていますね。技術に関しては、当て感とかパンチスピードとかコンビネーションとか元々持っているんですが、それをさらに磨いてきましたね。作戦も見事にはまりました。リズムも最初から朝倉選手の流れでいったので、これをどう扇久保選手の経験と根性で切り崩していくのかなと思っていましたけど、朝倉選手の勢いは本物でしたね」と語り、惜しみない拍手を送った。

 大山さん自身、ヴァンダレイ・シウバやミルコ・クロコップなどのスター選手に完敗を喫してきた経験を持つ。今回、辛酸をなめた扇久保選手に対しては、「実力は本物。たくさんの経験を力にしてきた。気持ちのいい選手ですね。ここからが楽しみです。どうやって這い上がっていくのかという生き様がファンに響きます。ここから立ち上がり、さらに強くなる姿が楽しみです」とエールを送った。

 新王者となった朝倉は、堀口恭司との再戦を熱望。怪我により長期離脱している堀口の回復状況次第だが、2020年末の対戦が予想される。

 大山さんは、「ここ一番で勝つ選手はスター。やっぱり朝倉選手はスターだと思いました。堀口選手との対戦、一格闘技ファンとして楽しみですね。時代を作ってきた二人。本当に、日本の格闘技界は明るいですね。こんなにすごい選手が出てきて、そこに堀口選手と言う世界のトップファイターも控えている訳ですから。日本の格闘技界の、新しい時代のスタートになるんじゃないかなと思います」と、期待を寄せた。





※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧