阪神・近本、ヤクルト・村上新人王争いは?中日・根尾の出場により達成された1967年以来、2度目の快挙とは?

タグ: , 2019/10/1

 世代最多の4球団指名競合だった男が大トリを飾り、52年ぶりとなる記録が生まれた。中日・根尾昂内野手が9月29日の阪神戦で1軍デビューを飾った。

 根尾は7回守備から遊撃で出場。8回2死一塁で迎えた初打席は3球三振に終わった。高校時代は大阪桐蔭高3年時に春夏連覇を飾るなど、庭としていた聖地・甲子園。慣れ親しんだ球場のはずだが、この日ばかりは少々硬く映った。

1967年以来、2度目の快挙


 これで昨年のドラフト会議で1位入団した12選手全員が、初年度に1軍デビューを果たした。これは1966年に1次、2次ドラフトでいずれも1位指名された全24選手がデビューした1967年以来、2度目の快挙となった。

 大物揃い、といううたい文句に偽りはなかった。昨年のドラフトでは1位指名で根尾に中日、日本ハム、巨人、ヤクルトの4球団が競合。小園海斗内野手にも広島、オリックス、DeNA、ソフトバンクの4球団が競合した。また藤原恭大外野手にロッテ、楽天、阪神の3球団。西武が松本航投手を一本釣りした。

 外れ1位では辰己涼介外野手に楽天、阪神、巨人、ソフトバンクの4球団が競合。上茶谷大河投手にもDeNA、ヤクルトの2球団が競合した。オリックスは太田椋投手、日本ハムは吉田輝星投手をこの時点で指名した。

 外れの外れ1位は阪神が近本光司外野手、巨人が高橋優貴投手、ソフトバンクが甲斐野央投手、ヤクルトが清水昇投手を指名。12選手全員がしっかりと1軍デビューを果たした。

 ただ出場するだけではなく、数字を残した選手も多いが、一番の出世頭は阪神・近本だろう。セ・リーグの新人安打記録を更新する159安打を放ち、36盗塁でタイトルを獲得。打率・273、9本塁打、42打点で新人王の有力候補に挙がる。

・合わせて読みたい→
巨人と西武、両リーグ優勝チームの対照的なFAの歴史、それぞれの獲得数と流出数(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/history-of-fa-of-winning-team/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧