君に届け!江幡塁、親友・三浦春馬さんに勝利を届け「生き様はリングで見せていく」

タグ: , , , 2020/8/10

 8月9日に開催された「RIZIN.22」で、WKBA世界スーパーバンタム級チャンピオンの江幡塁が植山征紀に3-0で判定勝ち。子供の頃からの親友で、7月18日に亡くなった俳優の三浦春馬さんに勝利を報告した。





2019年の大晦日に行われた「RIZIN.20」では、キックボクシング界の神童・那須川天心と対戦。試合には敗れたが、双子の兄の睦(むつき)さん、三浦春馬さんと共に花道を入場し、試合中も二人がセコンドとして見守るなど、三人の熱い友情が注目されていた。

試合後のインタビューでは、イベントを開催したRIZINや格闘技ファンに感謝するとともに、親友と誓った夢について語り、会場からは盛大な拍手が贈られた。苦楽を分かち合い、共に夢を追いかけてきた友のため、家族、ファンのために格闘技で世の中を照らしていく。

以下、試合後インタビュー全文と記者会見の一問一答。

・今すぐ読みたい→
浅倉カンナ、期待と不安の葛藤の末の「圧勝」 『早く試合がしたい』と思っていたはずなのに… https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kannaasakura-clear-victory/

試合後インタビュー「リングでメッセージを送り続ける」


「皆さん応援本当にありがとうございました。 RIZINで復活戦させていただき、本当にありがとうございました。
ご存知の方もいるかと思いますが、7月18日、試合間近でした。僕は茨城出身なんですけど、三人で、小さい頃から夢を語ってきた親友が亡くなりました。本当に辛くて辛くて、目の前なんか見えないくらい辛くて。
だけど僕は格闘家です。ファイターです。僕の生き様はこのリングでしか見せることができません。これからもどんなにつらいことがあっても、このリングでメッセージを送り続けます。今コロナの中ですごく大変な状況になっていると思います。皆さん苦しいと思います。だけど、僕はこのリングに立てたことを本当に感謝しています。ありがとうございます。
僕は格闘家としてここで輝いて、皆さんにメッセージを送りました。僕が言うのも生意気ですが、皆さんこのメッセージをもらって、各々の生き方で輝いてください。僕は格闘家として輝きます。皆さんは皆さんの生き方で。
僕が大好きな言葉で、一燈照隅万燈照国(いっとうしょうぐうばんとうしょうこう)という言葉があります。僕一人リングで戦っても小さな光ですが、みんなが輝けば多くの光になって、国を照らすくらい大きな光になります。日本がもっと輝けるように頑張ります。まだまだ試合内容はヘナチョコですが、もっともっと実力を見せられるように頑張ります。
RIZINの皆さん、ファンの皆さん、江幡塁を見に来てください、応援してください。ありがとうございました!(双子の兄に対して)本当はこのリングで一緒に戦うはずだったね。でもありがとう。いつもそばにいてくれて。お前も辛かったね。会長、本当にまだまだ実力不足ですが、毎日叱ってくれて本当にありがとうございます。おかげで、もっともっと強くなれそうです。ありがとうございました!」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧