箱根の教訓どこへ・・・プレ五輪の札幌マラソンで人だかり「感染怖い」

タグ: , , 2021/5/7

 観戦「自粛」ほど無力なものはない。

 東京五輪のマラソンコースを使用したテスト大会「札幌チャレンジハーフマラソン」が5日、開催された。新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化している札幌での開催自体が疑問視されるなか、観戦の完全自粛が呼びかけられたが、沿道には観戦する人が一定数見られ、スタートやゴール付近には人だかりもできた。

・今すぐ読みたい→
麻生太郎氏、先見の明ありすぎ・・・1年前の「呪われた五輪」発言を振り返る https://cocokara-next.com/topic/cursed-olympic/



 沿道での「密」対策のためスタッフは約300人増やして770人体制に。「観戦自粛」と書かれたプレートを首から下げ、人が集まっていると、拡声機で「自粛をお願いします」などと注意喚起した。それでも場所によっては選手に向かって拍手をしたり、動画撮影する人の姿もあった。

 観戦者数は、レースのテレビ中継で目視しただけでも1万人は軽く超えていただろう。沿道には「五輪ムリ 現実見よ」と五輪開催に批判的なプラカードを掲げた人や、「オリンピック反対」とさけぶ声がお茶の間に届いた。

 大会運営スタッフは、参考としてコロナ禍で行われた正月の箱根駅伝を視察していた。観戦自粛を求めた箱根の観戦者は前年の121万人から85%減の18万人。裏を返せば、自粛を呼びかけても18万人がきたという現実。同じような感染状況下で開催された札幌のプレ五輪大会で、新たな対策が講じられた様子はなく、箱根と同じように沿道には人垣ができ、教訓は生かされなかった。





 レースは公道を使用するため、生活する人々がいて、観戦者「ゼロ」にすることは不可能。それでも「善意」に訴えかけるだけの自粛では、限界がある。なんらかの規制がされなければ、我慢できない人で沿道はまたあふれ返る。何十年に1度のビッグレースであれば、なおさらだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧