麻生太郎氏、先見の明ありすぎ・・・1年前の「呪われた五輪」発言を振り返る

タグ: , 2021/3/4

 恐るべき「大予言」だったとしか言いようがありません。

 覚えていますか。声の主は麻生太郎財務相。

 1年前、3月18日の参院財政金融委員会で、新型コロナの感染拡大で東京五輪に延期や中止の懸念が高まっていることから、こう発言したのです。

 「呪われたオリンピック」-。

・今すぐ読みたい→
なぜ川淵三郎氏は「ハシゴを外された」のか・・・組織委に飛び交う「噂」 https://cocokara-next.com/topic/joc-rumor/


 発言の真意は何だったのでしょうか。あの時、麻生財務相は五輪について「40年ごとに問題が起きたんだ。事実でしょうが」と述べました。

 1940年の開催都市は、夏季が東京、冬季は札幌が予定されていたが、日中戦争の拡大で返上に追い込まれた。1980年のモスクワ五輪はソ連のアフガニスタン侵攻に抗議し、米国や日本などの西側諸国がボイコットした。このような経緯を踏まえ、2020年の東京五輪を前にコロナ禍が表出したことから「呪われたオリンピック」と言ったのです。

 発言は当時、大きな批判を浴びました。

 「開催を信じて日々トレーニングに没頭するアスリートへの配慮が足りない」
 「開催に向けて日夜努力する関係者の気持ちを考えたことがあるのか」-。





 しかしそれから6日後、東京五輪は1年程度の延期が決定。そして今年に入っては、組織委員会の森喜朗会長による女性蔑視発言に端を発した大混乱など、「麻生予言」が的中する形で、次から次へと難題が降りかかっています。

 まさに、予言通りに「呪われたオリンピック」と化しているのです。

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧